まんがタイムきららMAX 2017年9月号感想(後編)

合体アイドル!スノウちゃん

「R18!」「アイドル声優☆上村とまり17歳」のぷらぱ先生の新連載。
4人のJCが役割を分担して演じる合体アイドル「スノウ」の活動を描く。キャラは以下の4人。
・小倉杏…ボーカル
・雨宮瑠璃…見た目
・寿彩愛…プロデュース&MC
・日高蜜柑…作曲&振り付け&衣装製作
4人が蜜柑の家に集まり、深夜の生配信をしようとするが……ネタがステラのまほうと被っている件
ともかく、今後の更なるご活躍をお祈りします。

屋敷はメイドのために!1 (4コマKINGSぱれっとコミックス) -
屋敷はメイドのために!1 (4コマKINGSぱれっとコミックス) -

ヴァンパイアちゃんが狙ってる。

ヴァンパイアのくせに貧血のクロエを治すためにはどうしたらいいか。
何気に本人そっくりな等身大人形に魂を吹き込んでコピーロボットのように操る能力が凄いと思った。
本作の主題はストックホルム症候群百合のはずなんだがな……

DSC_0101.JPG
33-4

きらりブックス迷走中!

思えば前回最後の方の展開で気がつくべきであった。次回最終回とは……
とろつきー先生の「ゆるふわ革命」がアニメ化決定。今まで本作を推してきたきらりも感無量。今思うと、きらりが買い占めるべきだったのはきらりブックス迷走中!だったような
(強引に)サイン会も決まり、今後の未来について語るきらりであったが……
第四インターナショナル実現のために!労働者万歳!前進せよ!(錯乱)

きらりブックス迷走中!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
きらりブックス迷走中! (1) (まんがタイムKRコミックス) - 裏切られた革命 (岩波文庫) -
裏切られた革命 (岩波文庫) -

しょーがくせいのあたまのなか


昔ダイエーに石毛という二軍監督がいて……それはそうと
今月のきららMAXはカオスな展開な作品が多いが、その一つである。怒涛のごとくネタが詰め込まれるのはいいのだが。
借り物競争で「すきなひと」なんて出た日には小路綾やシャロはどうする。

しょーがくせいのあたまのなか (1) (まんがタイムKRコミックス) -
しょーがくせいのあたまのなか (1) (まんがタイムKRコミックス) -

これが私の食べる道!

君はまだ覚えているか、去年ブームを巻き起こした「エレン・ベーカー先生」を。
そのエレン先生の生みの親、電柱棒先生が贈る期待のゲスト作品。

今月のきららMAXで一番衝撃的だった作品。
コーヒーゼリーについて無駄に熱く9ページ語り尽くすというストーリーもさることながら、これでもかとねじ込まれる(「日常」を思わせる)顔芸。スエズ運河を作ったのは俺だぞ!とアピールするが如き広大な雑学。会話を支配する混沌と無秩序な空気。
ぜひ読んでください。

すーぱーてんぷる!

「テンプルとは、神殿、聖堂という意味だ。こめかみという意味もある。」(ベイオウーフ・カドモス)

現代の仏教のあり方と霊感商法に警鐘を鳴らす(多分)、お寺を舞台とした野心作。
しかし一番の問題は登場キャラの名前が三葉(さんよう)と園香というところであろう。後編が気になる。

三者三葉 / THREE LEAVES THREE COLORS: THE COMPLETE SERIES -
三者三葉 / THREE LEAVES THREE COLORS: THE COMPLETE SERIES -

のけもの少女同盟

いかにも怪しいフードを被って登校してきた倉持詠子。
逆にクラスメイトのほうが気遣いを見せるものの、その斜め上な行動をする詠子であった。

13日の金曜日 スペシャル・エディション [DVD] -
13日の金曜日 スペシャル・エディション [DVD] -

ゴスロリJK無人島漂流記

空き瓶に手紙を入れて海に放ってみれば──
この島を取り巻く潮の流れに異常が!?

ゴスロリJK無人島漂流記 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ゴスロリJK無人島漂流記 (1) (まんがタイムKRコミックス) -

魔法少女のカレイなる余生 サジちゃんの病み日記
日向ことねの同居人

日向ことねの前にいきなり現れた霧雨魔理沙魔法少女ビストラ。
予想以上にぽんこつだったようだが、それとは別に物語は意外な方向に進もうとしている……

ななかさんの印税生活入門

もしkashmir先生が「きららファンタジア」に参画したら、どんなネタを出しただろうか……というのがほんのちょっぴりだけでも分かりそうなのが今回のネタ。
まあ何事も見てくれが一番大事ということで(そういうオチかい)

ななかさんの印税生活入門 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ななかさんの印税生活入門 (1) (まんがタイムKRコミックス) -

夢見るプリマ・ガール!

いよいよクリスマスダンスショーの日。みゆ達の前に現れたのは…ディーパ・ミートラ先生じゃないか!
それにしても若い母ちゃんである。

夢見るプリマ・ガール! 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
夢見るプリマ・ガール! 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

みゅ~こん!

乃々花の指揮者への道のりに立ちはだかった大きな壁。
色々なことが一度に迫りくる中、彼女はその道を投げ出そうとするが……
2017年9月27日に単行本2巻発売予定。

みゅ~こん!(2) (まんがタイムKRコミックス) -
みゅ~こん!(2) (まんがタイムKRコミックス) -

ぱぺっとコール!

本作品も次回最終回。2017年9月27日に単行本2巻発売予定。
はんどすたんど!と共に2015年9月号きららMAXで連載スタートした作品だったが……

新入生歓迎公演の舞台が何と観客がいない!それなんてラブライブ!第3話
しかしそれは、部長のかじゅちゃん先輩が日付を1日間違えていただけだった。
あらためて仕切り直しで、急遽セッティングされた舞台にて幕が上がる。

ぱぺっとコール!(2) (まんがタイムKRコミックス) -
ぱぺっとコール!(2) (まんがタイムKRコミックス) -

いちごの入ったソーダ水



こひめの秘密の友達(というか扇屋桔梗さん)との秘密の会合。
この内容だったら堂々と活動するのもまた一興かな、と思ったわけですはい。

[まとめ買い] いちごの入ったソーダ水(まんがタイムKRコミックス) -
[まとめ買い] いちごの入ったソーダ水(まんがタイムKRコミックス) -

その他

「きららソムリエ」では、まんがタイムきららミラク連載の「広がる地図とホウキ星」が紹介されています。
きんモザや三者三葉などと同じ7月27日に単行本1巻発売です。ニコニコ静画でも一部の話が掲載。



広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -

まんがタイムきららMAX 2017年9月号感想(前編)


ついにきららファンタジアに新職業「アルケミスト」が公開。アリスはこのアルケミストになって何をしようとしているのか、想像の種は尽きない。

まんがタイムきららMAX 2017年 09 月号 [雑誌] -
まんがタイムきららMAX 2017年 09 月号 [雑誌] -

きんいろモザイク

今月号の表紙及び巻頭カラー。さらに7月27日に単行本8巻発売予定。
綾と陽子、カレンが同じ夢を見た。その内容は?
フロイトによれば夢とは願望の自己表現ということだが、最初に話を切り出したのは意外にもあややだったのでレズ特有の妄想ではないもよう。ちょっと残念
なお今回一番不憫なのはやっぱりアリスであった。

きんいろモザイク (8) (まんがタイムKRコミックス) -
きんいろモザイク (8) (まんがタイムKRコミックス) -

こみっくがーるず

フーラ先輩の連載が打ち切りに遭った。そしてぞんぞんびよりヤケの入った彼女のサバトが開幕する──
こないだキャラットでも連載7ヶ月で切られた作品があったし、MAXでも来月最終回の作品が2作品もあるし、漫画雑誌を購読して必ずしもいいことばかりでなくこうした残酷な事実と隣り合わせであるという悪夢に嫌でも直視しなければならないのである。
なんというか、漫画家には強いメンタルが必要というのはよくわかりましたはい。

こみっくがーるず (3) (まんがタイムKRコミックス) -
こみっくがーるず (3) (まんがタイムKRコミックス) -

ステラのまほう

掲載順位が3番目に戻った。
〆切まで1ヶ月なのに2週間もスケジュールに穴を開けているたまちゃん。その打開策(?)ということでののちゃんと一緒におえかき生放送の配信という、全世界に恥を晒すという冒険に出た。
初見ですが帰ります(それgdgd妖精sや)

魔法少女のカレイなる余生

前回と同じ展開…ではない。唐突に現れたのはなんでも食う魔法少女の宿敵だった。それなんていうガッちゃん
(多分この先も続くとは思うけど)話が急展開な方向に進んでおり、胃の痛い読後感である。

魔法少女のカレイなる余生 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
魔法少女のカレイなる余生 (1) (まんがタイムKRコミックス) -

はんどすたんど!

単行本2巻が8月26日に出るので、来月号もしかして表紙来るか…と思ったがさすがにそれは無かった(ただしセンターカラーで登場とのこと)。
ちなみに単行本1巻持っているけど、当初買った理由は「何気なく」、しかし読んで毎秒笑えるの文句は伊達ではないと思った。

本編は真白ゆかの全道大会出場。しかしやっぱり緊張はするようで、緊張をほぐそうと色々試行錯誤している。彼女の心の支えとなったのは──
ちなみに顔芸が上手いのはななみだけでなくせっかちストロベリーこといちごガールもである。

ところで有馬先生、「きららファンタジア」の漫画を描いている。最初主人公のきららを見た時「ななみ何やってるやんけ」と突っ込んでしまったのは良い思い出です。
有馬先生を抜擢したスタッフとは芋焼酎飲みたい。



はんどすたんど!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
はんどすたんど! (1) (まんがタイムKRコミックス) - はんどすたんど!  (2) (まんがタイムKRコミックス) -
はんどすたんど! (2) (まんがタイムKRコミックス) -

どうして私が美術科に!?

7月19日(今月号きららMAX発売日)は主人公酒井桃音の誕生日。みなさまお祝いされましたでしょうか。
桃音のバースデー

文化祭への準備を前に、色々ともやもや感が消えない黄奈子。クラスメイトに馴染もうとするも気後れして、思い余って桃音に問いかけてみたが……
何気に小路綾みたいな匂いがする黄奈子(褒め言葉)。続きが非常に気になります。

どうして私が美術科に! ? (1) (まんがタイムKRコミックス) -
どうして私が美術科に! ? (1) (まんがタイムKRコミックス) -

TCGirls

アンの前に現れた、葉波家のメイドの良原リョウコ。デッキを持つとその特色に合わせた性格、つまり色々と影響されやすいタイプの変人。
もはやカードゲームあるあるネタ探しがメインな内容ではあるが、好きなのでこれからも続けてほしいこの作風。

DSC_0099.JPG
ごちうさのチノのリスペクト(違)

TCGirls (1) (まんがタイムKRコミックス) -
TCGirls (1) (まんがタイムKRコミックス) -

JKすぷらっしゅ!

夏祭りに行くかなた達。某赤座あかねみたいな姉のストーキング、化学部長と雪先生など見せ所は多いがやっぱり百合シーンの迫力が物凄い。
もしかしてスナイパーなケイの意外な才能(前回も見せていたが)。

JKすぷらっしゅ!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
JKすぷらっしゅ! (1) (まんがタイムKRコミックス) - わかば*ガール  Blu-ray SET -
わかば*ガール Blu-ray SET -

ご注文はうさぎですか?

来月号きららMAXの表紙+巻頭カラー。
久しぶり(TLによると5年ぶりらしい)に登場したロゼ。もちろん彼女のイメチェンは千夜の発案。
大人の艶色を魅せる彼女を前にシャロは、ココアは、チノはどうリアクションをとったか。

映画「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~」の上映情報などが告知。相変わらず無能なうちの近くの映画館であるのはともかく、いよいよ公開が目前に迫っていると実感させられる。
ただ、全く不安要素が無いわけではないが(制作がWHITE FOXでもキネマシトラスでもない、スタッフにCVが載っていないなど)、それを書いてもしようがない。大いなる期待をもって今後を待ちたい。

彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと

「ハナイロ」のアカコッコ先生の新連載2話目。
今日は七瀬の高校の入学式。もちろん「家族」も立ち会っています。
いい最終回だった(違)

ハナイロ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
ハナイロ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

すくりぞ!

今回は、来週に迫ったクリスマスを前にバイキングをすることになったスクール・リゾート部。真面目な(つもりで)会議をしようとしますが……
妙にマニエリスムという言葉が似合いそうな作風であった。この調子で来月もはんどすたんど!の顔芸、ごちうさのストーリー、JKすぷらっしゅ!の百合に挑みそうである。先生ツバキヤマの料理食ったのか

Aチャンネルのトオル「既視感がある」
DSC_0100.JPG

すくりぞ!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
すくりぞ! (1) (まんがタイムKRコミックス) -

私を球場に連れてって!

芳文社は東京ドームの真ん前に本社があるが、別に東京ドームを本拠地とするあのチームに媚びていないことは「まんがスポーツ」の時代から変わっていない。
というわけでファルコンズ(というかソフトバンク)とタイタンズ(というか巨人)の交流戦を観戦するファル子。そこに現れたのは主人公野原玉だった!

それに今年はFAで総額26億円の補強までしてるのよ

それにしても今回、タマちゃんの親父(巨人ファン)の立ち位置が哀れすぎる。どうしてまんがタイムきららにおける父親の地位は(チノ父や本田珠輝の父以外)異様に低いのだろうか。

がんばれエガワ君  [マーケットプレイス コミックセット] -
がんばれエガワ君 [マーケットプレイス コミックセット] -

まんがタイムきららミラク 2017年9月号感想

まんがタイムきららミラク 2017年 09 月号 [雑誌] -
まんがタイムきららミラク 2017年 09 月号 [雑誌] -

うらら迷路帖


今のところ4つのクラス(職業)しか公開されず、初級職は少なくクラスチェンジすべき上級職がまだ公開されてないのでは?と勝手に推測しているきららファンタジア。紺ちゃんは戦士でした。ナイトの千矢との区別をどうするのかわからないですが

本編はいよいよ八番占試験の告知。その内容は一体──
ちなみに作中の時期は雪が舞う冬のもよう。千矢と紺の百合シーンも用意されています。あとデコメガネ先生椿先生が意外とかっこいい。

うらら迷路帖 (4) (まんがタイムKRコミックス) -
うらら迷路帖 (4) (まんがタイムKRコミックス) -

桜Trick

時間を止めようと人はいろんなことをする。
しかし、そんなことはできない。(ボブ・ディラン)

2011年3月16日に『まんがタイムきらら』増刊として創刊された『まんがタイムきららミラク』。
この創刊号から載っていた最後の作品が、まさにその最後の瞬間を灯している。

あらためて、きらら作品は優しい世界が多い。その優しい世界の中においても、傍目からは特異に見える行為、それを作中の登場人物たちは過去を現在を未来を生きるための糧と信じて行っていたのだと思う(意識高い系な上から目線感想ですみません)。
次回2017年10月号ミラクは本作品が表紙・巻頭。最後の単行本8巻は2017年9月27日発売予定となります。

桜Trick(8) (まんがタイムKRコミックス) -
桜Trick(8) (まんがタイムKRコミックス) -

少女遭難日和

「音無さんは破壊神!」の作者、ちゅー太先生のゲスト読み切り。
砂漠のど真ん中に取り残された二人の少女。いったい何のコントやってるんですかね(率直な感想)

恐るべき空白 (ハヤカワ・ノンフィクション・マスターピース) -
恐るべき空白 (ハヤカワ・ノンフィクション・マスターピース) -
音無さんは破壊神!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
音無さんは破壊神! (1) (まんがタイムKRコミックス) -

都会少女のまきばデイズ広がる地図とホウキ星

広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
センターカラー、2017年7月27日単行本1巻発売。しかしなんだこのブリキの木こり。
ブリキというかカカシ的な役割を演じているけど(オズの魔法使い的な感想)。

TOMIX Nゲージ 限定 E3 2000系 山形新幹線 つばさ Treasureland TOHOKU-JAPAN セット 98967 鉄道模型 電車 -
TOMIX Nゲージ 限定 E3 2000系 山形新幹線 つばさ Treasureland TOHOKU-JAPAN セット 98967 鉄道模型 電車 -

空想ガールズ。

「カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。-」の作者、飴色みそ先生のゲスト連載。
なぜきらら連載作品はがっこうぐらし!ネタが好きなのか(困惑)
あと登場人物の名前が少し灼熱の卓球娘っぽい。

がっこうぐらし!  (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) -
がっこうぐらし! (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) -
カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット -
カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット -

また教室で

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。芸能界で多忙な日々を送るきさらに対し、何とか仲良くなろうとするひなこ達との慣れ合いを描く。
半バカBAKA24の前園あすかさんが出演してくれれば何も求めません(そっちか)。
どうでもいいがきさらとマネージャーの顔が瓜二つ。このマネージャー本当に人格者だと思った(´Д⊂

ビビッド・モンスターズ・クロニクル

センターカラー。中村あんこ見るたびに「こはる日和。」見ている気がする。
たぶんまだ続くと思うのだろうけど、いろいろな意味でここ最近の心臓に悪い展開は勘弁してくださいただでさえ桜Trick完結するというのに
単行本4巻が2017年9月27日発売予定です。

ビビッド・モンスターズ・クロニクル(4) (まんがタイムKRコミックス) -
ビビッド・モンスターズ・クロニクル(4) (まんがタイムKRコミックス) -
[まとめ買い] こはる日和。(まんがタイムKRコミックス) -
[まとめ買い] こはる日和。(まんがタイムKRコミックス) -

秘密の飼育部

ビビッド・モンスターズ・クロニクルの作者、キキ先生のゲスト連載後編。
ビビモンと世界観が似通っている気もしないではない、そんな結末と思いました。

ななつ神オンリー!

コナミ「(゚д゚)ガタッ」
しかし今月号のネタ懐かしいな(おっさん世代)。あと恵比寿の顔芸の印象が強い。

どきどきメモリーズ -
どきどきメモリーズ -
ななつ神オンリー!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ななつ神オンリー! (1) (まんがタイムKRコミックス) -

がんくつ荘の不夜城さん

引きこもり漫画家の不夜城よどみさん(本名ではないもよう)のところに、引っ越してきたばかりのリゼロのレムみたいな顔したJK、白仙あかりが挨拶にやってきた。二人は果たして仲良くなれるのか?
きらら漫画の最暗黒である二巻乙について語られるのを見るのはいくらギャグ調でも胃の痛みを感じる。

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。「やさしい新説死霊術」の鴻巣覚先生の新作だが、正直ゲスト読み切り掲載の時は「不夜城さんは非常に恵体で好みのタイプだけど、連載化は難しいかな」と思っていた。だから連載が決まった時嬉しさより意外感があった。

ニコニコ静画の「きららベース」にも特設サイトが作られているので、前々月号の読み切り見逃したかたはどうぞ(`・ω・´)
また、毎週火・土に描き下ろし4コマが公開されるとのこと。新連載どころか、こうして色々と推していくスタイルはぜひこれからもやって欲しいです。不夜城さんのためなら応援します。

私がヒロインじゃない理由 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
私がヒロインじゃない理由 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

しましまライオン

けものフレンズに触発されたかどうかは知らないが、動物園に遊びに行く元動物の一行たち。
前世を思い出してそれぞれ独自の行動をとるのはともかく、毎回元ハイエナが不憫すぎて笑う。

しましまライオン (1) (まんがタイムKRコミックス) -
しましまライオン (1) (まんがタイムKRコミックス) -

こはる一番!

ゲスト連載3話目。規律だらけだった柊学園が自由な校風を手に入れた瞬間。
自由と取るか、無秩序と取るかは読者子の判断にゆだねられているのかもしれない。

まちとびカルテット

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。なお来月休載が決まっている休載するのは自由ですが7ヶ月休んでいる作品があるからなあ

大江戸の街を守る火消し(まちとび)たちの物語を描く。キャラ、設定などいろいろ詰込み感があるのはゲスト連載の頃からそうだが、カラフルで生き生きとした絵はとても秀でていると思う。再来月号にも期待。

鬼の寮母さん

ゲスト連載2話。ぬこかわいいよぬこ
登場キャラも増え、ようやく作品の舞台が整ってきた。ところでピーマンの肉詰め、それなんてゆゆ式(単行本6巻参照)

ゆゆ式 6巻 -
ゆゆ式 6巻 -

ラストピア

ある日記憶喪失で目覚めたリッタ。そこは見知らぬ島だった。記憶喪失の原因を探りつつ、いろいろと……
しかし前月号でリッタの双子の妹が訪れ、そこからリッタの記憶喪失の原因が解明されていく……

悲しみの記憶は忘れたいが、それを引きずらず向き合うことで、明日を生きるための材料に変えていければそれに過ぎたことはない。そして、本作品に対しても、来月号別れという事実に向き合わなければいけない。
単行本2巻が2017年9月27日発売予定。

ラストピア(2) (まんがタイムKRコミックス) -
ラストピア(2) (まんがタイムKRコミックス) -

ゴスロリJK無人島漂流記お願い!ロイヤルニート

掲載順位が7番目→16番目に。
海回。しかし彼女たちの海回は(時間的に)あまりにも長いものであった。
こみっくがーるずのフーラ先輩発明家の早乙女スイが意外と有能だが切ない一面を見せている。

お願い!ロイヤルニート 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
お願い!ロイヤルニート 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

小学生もゆるくない。

さらばローリエたそ。最後はきちんと締めてくれ……たと思っていいのかこの終わり方は。

それにしても単行本2巻、出るのだろうか……

魔王城のお姫様

DSC_0098.JPG
海回その2。メルルが姉ハルベルの持っていたすごい本を見つけた。その中身は──
一歩間違えれば大惨事になっていたところであった。

魔王城のお姫様 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
魔王城のお姫様 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス) -
ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス) -

となり暮らしのねこめがね

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。新連載なのに巻末は…
「拝啓、かしこ」「きのあす日和」のまえじま先生による世代を超えた温かな百合が描かれるストーリー。
テイのほうが胸が大きい描写が頭から消え去らない。なんなん?