まんがタイムきららミラク 2017年9月号感想

まんがタイムきららミラク 2017年 09 月号 [雑誌] -
まんがタイムきららミラク 2017年 09 月号 [雑誌] -

うらら迷路帖


今のところ4つのクラス(職業)しか公開されず、初級職は少なくクラスチェンジすべき上級職がまだ公開されてないのでは?と勝手に推測しているきららファンタジア。紺ちゃんは戦士でした。ナイトの千矢との区別をどうするのかわからないですが

本編はいよいよ八番占試験の告知。その内容は一体──
ちなみに作中の時期は雪が舞う冬のもよう。千矢と紺の百合シーンも用意されています。あとデコメガネ先生椿先生が意外とかっこいい。

うらら迷路帖 (4) (まんがタイムKRコミックス) -
うらら迷路帖 (4) (まんがタイムKRコミックス) -

桜Trick

時間を止めようと人はいろんなことをする。
しかし、そんなことはできない。(ボブ・ディラン)

2011年3月16日に『まんがタイムきらら』増刊として創刊された『まんがタイムきららミラク』。
この創刊号から載っていた最後の作品が、まさにその最後の瞬間を灯している。

あらためて、きらら作品は優しい世界が多い。その優しい世界の中においても、傍目からは特異に見える行為、それを作中の登場人物たちは過去を現在を未来を生きるための糧と信じて行っていたのだと思う(意識高い系な上から目線感想ですみません)。
次回2017年10月号ミラクは本作品が表紙・巻頭。最後の単行本8巻は2017年9月27日発売予定となります。

桜Trick(8) (まんがタイムKRコミックス) -
桜Trick(8) (まんがタイムKRコミックス) -

少女遭難日和

「音無さんは破壊神!」の作者、ちゅー太先生のゲスト読み切り。
砂漠のど真ん中に取り残された二人の少女。いったい何のコントやってるんですかね(率直な感想)

恐るべき空白 (ハヤカワ・ノンフィクション・マスターピース) -
恐るべき空白 (ハヤカワ・ノンフィクション・マスターピース) -
音無さんは破壊神!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
音無さんは破壊神! (1) (まんがタイムKRコミックス) -

都会少女のまきばデイズ広がる地図とホウキ星

広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
広がる地図とホウキ星 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
センターカラー、2017年7月27日単行本1巻発売。しかしなんだこのブリキの木こり。
ブリキというかカカシ的な役割を演じているけど(オズの魔法使い的な感想)。

TOMIX Nゲージ 限定 E3 2000系 山形新幹線 つばさ Treasureland TOHOKU-JAPAN セット 98967 鉄道模型 電車 -
TOMIX Nゲージ 限定 E3 2000系 山形新幹線 つばさ Treasureland TOHOKU-JAPAN セット 98967 鉄道模型 電車 -

空想ガールズ。

「カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。-」の作者、飴色みそ先生のゲスト連載。
なぜきらら連載作品はがっこうぐらし!ネタが好きなのか(困惑)
あと登場人物の名前が少し灼熱の卓球娘っぽい。

がっこうぐらし!  (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) -
がっこうぐらし! (9) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) -
カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット -
カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット -

また教室で

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。芸能界で多忙な日々を送るきさらに対し、何とか仲良くなろうとするひなこ達との慣れ合いを描く。
半バカBAKA24の前園あすかさんが出演してくれれば何も求めません(そっちか)。
どうでもいいがきさらとマネージャーの顔が瓜二つ。このマネージャー本当に人格者だと思った(´Д⊂

ビビッド・モンスターズ・クロニクル

センターカラー。中村あんこ見るたびに「こはる日和。」見ている気がする。
たぶんまだ続くと思うのだろうけど、いろいろな意味でここ最近の心臓に悪い展開は勘弁してくださいただでさえ桜Trick完結するというのに
単行本4巻が2017年9月27日発売予定です。

ビビッド・モンスターズ・クロニクル(4) (まんがタイムKRコミックス) -
ビビッド・モンスターズ・クロニクル(4) (まんがタイムKRコミックス) -
[まとめ買い] こはる日和。(まんがタイムKRコミックス) -
[まとめ買い] こはる日和。(まんがタイムKRコミックス) -

秘密の飼育部

ビビッド・モンスターズ・クロニクルの作者、キキ先生のゲスト連載後編。
ビビモンと世界観が似通っている気もしないではない、そんな結末と思いました。

ななつ神オンリー!

コナミ「(゚д゚)ガタッ」
しかし今月号のネタ懐かしいな(おっさん世代)。あと恵比寿の顔芸の印象が強い。

どきどきメモリーズ -
どきどきメモリーズ -
ななつ神オンリー!  (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ななつ神オンリー! (1) (まんがタイムKRコミックス) -

がんくつ荘の不夜城さん

引きこもり漫画家の不夜城よどみさん(本名ではないもよう)のところに、引っ越してきたばかりのリゼロのレムみたいな顔したJK、白仙あかりが挨拶にやってきた。二人は果たして仲良くなれるのか?
きらら漫画の最暗黒である二巻乙について語られるのを見るのはいくらギャグ調でも胃の痛みを感じる。

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。「やさしい新説死霊術」の鴻巣覚先生の新作だが、正直ゲスト読み切り掲載の時は「不夜城さんは非常に恵体で好みのタイプだけど、連載化は難しいかな」と思っていた。だから連載が決まった時嬉しさより意外感があった。

ニコニコ静画の「きららベース」にも特設サイトが作られているので、前々月号の読み切り見逃したかたはどうぞ(`・ω・´)
また、毎週火・土に描き下ろし4コマが公開されるとのこと。新連載どころか、こうして色々と推していくスタイルはぜひこれからもやって欲しいです。不夜城さんのためなら応援します。

私がヒロインじゃない理由 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
私がヒロインじゃない理由 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

しましまライオン

けものフレンズに触発されたかどうかは知らないが、動物園に遊びに行く元動物の一行たち。
前世を思い出してそれぞれ独自の行動をとるのはともかく、毎回元ハイエナが不憫すぎて笑う。

しましまライオン (1) (まんがタイムKRコミックス) -
しましまライオン (1) (まんがタイムKRコミックス) -

こはる一番!

ゲスト連載3話目。規律だらけだった柊学園が自由な校風を手に入れた瞬間。
自由と取るか、無秩序と取るかは読者子の判断にゆだねられているのかもしれない。

まちとびカルテット

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。なお来月休載が決まっている休載するのは自由ですが7ヶ月休んでいる作品があるからなあ

大江戸の街を守る火消し(まちとび)たちの物語を描く。キャラ、設定などいろいろ詰込み感があるのはゲスト連載の頃からそうだが、カラフルで生き生きとした絵はとても秀でていると思う。再来月号にも期待。

鬼の寮母さん

ゲスト連載2話。ぬこかわいいよぬこ
登場キャラも増え、ようやく作品の舞台が整ってきた。ところでピーマンの肉詰め、それなんてゆゆ式(単行本6巻参照)

ゆゆ式 6巻 -
ゆゆ式 6巻 -

ラストピア

ある日記憶喪失で目覚めたリッタ。そこは見知らぬ島だった。記憶喪失の原因を探りつつ、いろいろと……
しかし前月号でリッタの双子の妹が訪れ、そこからリッタの記憶喪失の原因が解明されていく……

悲しみの記憶は忘れたいが、それを引きずらず向き合うことで、明日を生きるための材料に変えていければそれに過ぎたことはない。そして、本作品に対しても、来月号別れという事実に向き合わなければいけない。
単行本2巻が2017年9月27日発売予定。

ラストピア(2) (まんがタイムKRコミックス) -
ラストピア(2) (まんがタイムKRコミックス) -

ゴスロリJK無人島漂流記お願い!ロイヤルニート

掲載順位が7番目→16番目に。
海回。しかし彼女たちの海回は(時間的に)あまりにも長いものであった。
こみっくがーるずのフーラ先輩発明家の早乙女スイが意外と有能だが切ない一面を見せている。

お願い!ロイヤルニート 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -
お願い!ロイヤルニート 1巻 (まんがタイムKRコミックス) -

小学生もゆるくない。

さらばローリエたそ。最後はきちんと締めてくれ……たと思っていいのかこの終わり方は。

それにしても単行本2巻、出るのだろうか……

魔王城のお姫様

DSC_0098.JPG
海回その2。メルルが姉ハルベルの持っていたすごい本を見つけた。その中身は──
一歩間違えれば大惨事になっていたところであった。

魔王城のお姫様 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
魔王城のお姫様 (1) (まんがタイムKRコミックス) -
ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス) -
ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス) -

となり暮らしのねこめがね

ミラク2017年9月号新連載四天王(勝手に命名)の一作。新連載なのに巻末は…
「拝啓、かしこ」「きのあす日和」のまえじま先生による世代を超えた温かな百合が描かれるストーリー。
テイのほうが胸が大きい描写が頭から消え去らない。なんなん?