まんがタイムきららキャラット 2018年8月号感想(前編)



6月12日より更新開始した、まんがタイムきららミラクで「カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。-」「空想ガールズ。」を連載していた飴色みそ先生の新作。ワイド4コマ形式なので普通のきらら4コマを読み慣れていると戸惑うかもしれないが、ともかくも期待しながら毎回読んでいます。
空想ガールズ。のほうを続けてほしかったな…

カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット
カラフル・マキアート! -魔法少女は戦わない。- 全2巻セット

まんがタイムきららキャラット 2018年 08 月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2018年 08 月号 [雑誌]

ブレンド・S

先月号は予定休載だったが、今月号きららキャラットの表紙にして巻頭カラー。
いよいよ店長と苺香のライブデート。どちらも緊張しているといえばしているが、特に店長の外見とは正反対なヘタレ部分がここでも表れてしまっている。いっぽうの苺香はというと…
肝心のライブはまた来月号以降で。

ブレンド・S (1) (まんがタイムKRコミックス)
ブレンド・S (1) (まんがタイムKRコミックス)

あと唐突に全裸.zipの単行本の広告があって笑ってしまった(13ページ)。
何気にきららベース連載の最大の勝ち組作品ですのでぜひみなさん読んで🛀

全裸.zip(1) (まんがタイムKRコミックス)
全裸.zip(1) (まんがタイムKRコミックス)

キルミーベイベー

貯蓄とか節倹という言葉とは無関係な、やすなの安物買いのナントカの巻。福袋でお値段以上のものを手に入れようとするが、出てきたのは変な珍品ばかりで…
久しぶりに全滅エンドではありませんが、ソーニャがやすなをしばくシーンは健在。めでたしめでたし(何

DSC_0281.JPG
TDN水中ゴーグル

キルミーベイベー コミック 1-9巻セット
キルミーベイベー コミック 1-9巻セット

オマケ:カガクチョップ



「実験その63:発明はトイレのあとで」。日本人の最大の発明ともいわれるウォシュレット。盛本さんの家のトイレが壊れたということでさっそく発明された多機能トイレットことトイレッ多一号。極めてどうでもいい変な機能盛りだくさんのトイレを試してみた盛本さんと鈴園沙衣の末路は言うまでもない。

カガクチョップ コミック 1-4巻 セット
カガクチョップ コミック 1-4巻 セット

NEW GAME!

今月も豪華2本立て。なお今月号キャラットは珍しく休載作品がゼロである。今月本誌、MAX、フォワードは何かしらの作品が休んでいたからな…

1本目はなんだかんだで制作が始まった「ドッジボールファイト!(仮)」。キャラデザを担当するはいいが色々と思い悩む紅葉。青葉も彼女の力になろうと色々と話しかけようとするが──
かつて八神コウの元で色々と指導を受け教えを請い成長していった青葉。彼女の経験を会社の後輩である紅葉に伝えることはできるのか。

2本目はソフィーのお話。大和・ソフィー・和音は大和・クリスティーナ・和子および大和・カトリーヌ・十和の妹で、八神コウのフランスでの下宿先にカトリーヌと共に住んでいる(くどくてすみません)。
コウが色々と携わったPECOに夢中なソフィー。そんな彼女が気になるのはクラスメイトのフローラ。足が悪いせいなのか学校に行かず窓の外ばかり眺める引きこもりの日々。コウが何気なく見せたPECOの元ネタ──青葉の着ぐるみの写真──からソフィーが思いついたこととは。
フローラがBL方面に目覚めないことを祈ります(きららMAXの別の作品でそんな過去を持ったキャラがいたもので)。

NEW GAME! (7) (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME! (7) (まんがタイムKRコミックス)ステラのまほう 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
ステラのまほう 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

ひだまりスケッチ

駅前に回転寿司がオープンしたという大ニュースを聞いて居ても立ってもいられない宮子。早速ひだまり荘のみんなで食べに行くのだが……
茉里はお刺身系が全然ダメだがそれ以外は大丈夫らしく、9皿普通に食べていた(それでも5人中4番目である。1位は当然…)。

なお今月でやまぶき高校放送ラウンジノートは最終回である。5ページの本編と相まって少し寂しい幕切れだった。

ひだまりスケッチ コミック 1-9巻セット (まんがタイムKRコミックス)
ひだまりスケッチ コミック 1-9巻セット (まんがタイムKRコミックス)

おちこぼれフルーツタルト

おちこぼれフルーツタルト (3) (まんがタイムKRコミックス)
おちこぼれフルーツタルト (3) (まんがタイムKRコミックス)
センターカラー、単行本3巻絶賛発売中。ちょうどゲーマーズ本店ではハナヤマタと本作のコラボ販売が行われています。


7月、夏服のフルーツタルトたち。前回地元のイベントを成功させた(?)はいいが、やっぱり彼女らのパンチラばかりが話題になっていた。さらにフルーツタルトのイメージが「借金のせいでエッチなアイドルやっていた」と思われており…

今回も関野ロコが違う意味で大活躍しまくっています。当分健全とは無縁そうで何よりである(をい

精霊さまの難儀な日常


あれ運営がわざとやらかしてるかと思った(確信犯説もある)。ちなみに、職業がナイトのはなこ(花小泉杏)はかなりスペックが優秀だが、技が色々と癖がある。イベント「くるみインワンダーランド」にも登場します。

あんハピ♪の作者様の期待の新作「精霊さまの難儀な日常」。現実の関東の梅雨はさっさと明けてしまったが、作中の梅雨は炎の精霊サラにとっては本当に難儀な時期(なお一方で水の精霊のルカにとっては素晴らしい季節である)。
思い悩むサラを見かねてかチモシー以前登場した不死鳥のフェニが奥義を授ける。そして灯里(ともり)はサラの役に立てようと影でこっそりと……
それにしてもルカの放つ親父ギャグときたら。


ファイナルファンタジー(FF-TCG) 導師 プレミアム 2-041C [おもちゃ&ホビー]
ファイナルファンタジー(FF-TCG) 導師 プレミアム 2-041C [おもちゃ&ホビー]

mono

もう夏休みなのか(困惑)。山梨県下で行われるフォトラリーに参加することになったシネフォト研究部。
最初に入った店(おそらく甲府市にある「ひなた」)で出てきた巨大ハンバーグを見て、彼女らはこのフォトラリーの本当の目的を知り……

ゆるキャン△ 3 [Blu-ray]
ゆるキャン△ 3 [Blu-ray]

RPG不動産

ゲスト連載3話目だが、本作品は来月号から正式連載が決まりました。おめでとうございます。
ところで作者様、以前キャラットで「貧乏神ちゃんはうまくできない」を連載してたの失念していました。

僧侶ルフリアの上司であるサトナからの仕事の依頼。RPGの世界であまり描かれない、勇者が世界を救った後。テーマパークと化した魔王城の周りに住民を住ませようというのだが、こんなダンジョンの跡地みたいな場所に住もうとする奇特な奴は…いたのであった。
今回店で留守番してクレーム対応に追われていた元勇者のラキラの悩みも一緒に解決できて何よりであった。

アロマちゃんは今夜も恥ずかしい(1) (マガジンエッジKC)
アロマちゃんは今夜も恥ずかしい(1) (マガジンエッジKC)

恋する小惑星

センターカラー。私事ですみませんが、最近会う人によく勧められるのがこの「恋する小惑星」。ゲスト掲載を飛ばして連載決まった時はあまり期待していなかったが、アニマエール!に次ぐ次世代キャラットの顔となるべき尊い物語と呼べる存在と今は思う。

前回の続きで文化祭の準備にボーリングを行う地学部。それを見ながら色々と茶々を入れる新聞部。もちろんイヴちゃんたちもただ見物しているだけでなく色々と作業に役立つことをしている。
しかし最後の最後で顧問の遠藤先生が……
あんハピ♪の響に似ている桜井先輩が今回いいキャラしていた。

恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)
恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)

アニマエール!

来月号キャラットの表紙(巻頭カラーはAチャンネル)。ようやくアニメ化の情報が更新来るか。というより巻頭「チアノート」でこれまで1ページ1キャラだったのに、急にまとめて紹介される虎徹と花和の不憫さ(´・ω・`)
体育祭の出し物で、「今年は応援合戦でチアをやるのでチア部に一緒にやってもらう」ことになったはいいが、チア部の実力者ひづめと花和と違うチームになってしまったこはね達。両チームはなんとか本番まで色々と練習し研鑽を積むが、この応援合戦が点数的な意味で体育祭の勝敗を大きく左右することがわかり、別なプレッシャーを受けてしまうこはねであった。

花和のクソレズぶりがいつもどおりなのはいいが、アニメではそこばかり取り上げられないか気になる(杞憂だといいけど)。

[まとめ買い] アニマエール!
[まとめ買い] アニマエール!

先パイがお呼びです!

何気なく相馬よりこ(マヨちゃん)を呼び出しオセロ(は登録商標なので正確には「リバーシ」)を楽しむ生徒会長。それに飽き足らず、色々とマヨちゃんを弄って楽しむのであった。
しかし生徒会長のためなら何でもすると決めているのはむしろ副会長の塩田ゆきであり、ここでマヨちゃんには負けていられないと積極的な行為に出ようとするのであった。みんな可愛いのですがうーんこの。

TVアニメ『はたらく魔王さま!』ドラマCD 「魔王、捨て猫を拾う」 - ARRAY(0x103c2028)
TVアニメ『はたらく魔王さま!』ドラマCD 「魔王、捨て猫を拾う」 - ARRAY(0x103c2028)

Aチャンネル

来月号は巻頭カラーの本作。超久しぶりに登場したトオル母。そんな母が娘を買い物に誘うというのが今回のお話。
新しいペンケースを買えてまんざらでもないトオル。そこに現れたるんとその母。るんのことになると人格が変わるトオルは置いておいて、トオル母もるん母と色々と話をして、仲の良い娘たちの様子に安堵しつつ、るん母の年齢を聞いて複雑な気持ちに襲われるのであった。

※ トオル母は自分より年上だが若々しいるん母を嫉妬している(Wikipedia先生より)。

Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)

まんがタイムきららMAX 2018年8月号感想(その他その2)

本日わたしは炎上しました

2018年4月号から6月号までまんがタイムきららMAXでゲスト掲載、7月号から正規連載に昇格した作品。女子高生ユーチューバーの毎回炎上してしまう有様を描く異色の4コマである。
その作者が6年前からのTwitterでの発言を明かされて、謝罪に追い込まれている。タイトル通りになってしまった。

もともと「二度目の人生を異世界で」の作者の過去の発言が取り上げられて炎上しアニメ化が中止になるまでの騒動があった。この流れで他の作者の過去の発言を発掘しようという動きがあり、この作者も二度目の作者と同じ趣旨の発言をしていたということが判明(どのような発言をしていたか、それがどうして問題なのかは各自調べてみてください)。

最近のネットのなんでも叩く風潮は…というかもしれないが、ネットリテラシーには日頃から慎重になっていないと、と思った。それが何年も前の発言であってもである。今後の経緯が気になるところ。

そういや以前とある国の偉人を弄ったネタで炎上した作品、調べてみたら別誌でしれっと連載続いているらしい。

学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール
学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール

次にくるマンガ大賞 2018

そのきららMAXで連載の「どうして私が美術科に!?」。キャラット「まちカドまぞく」、フォワード「なでしこドレミソラ」。
こちらは炎上したわけでなく、「次にくるマンガ大賞2018」にノミネートされたとのこと。永遠のアニメ化候補まちカドまぞくだけでなく、どうびじゅやなでしこドレミソラがここまで注目されているということは純粋に嬉しい。



[まとめ買い] どうして私が美術科に!?
[まとめ買い] どうして私が美術科に!?[まとめ買い] まちカドまぞく
[まとめ買い] まちカドまぞく[まとめ買い] なでしこドレミソラ
[まとめ買い] なでしこドレミソラ

まんがタイムきららMAX 2018年8月号感想(その他)

コミック百合姫2018年8月号
コミック百合姫2018年8月号

コミック百合姫2018年8月号。まず「私に天使が舞い降りた!」のアニメ化おめでとうございます。
そして「ゆるゆり」10周年企画としていままでの軌跡と今後の展開が書かれている。新作OVAがどのようになるのか気になるところ。

この今月号のコミック百合姫に読切連載されているタツノコッソ先生「ボサボサメランコリー」。ゆゆ式などのとっても綺麗で尊いイラストで大変お世話になっている先生です。2017年6月号掲載「天使とゆびきり」以来1年2ヶ月ぶりのゲスト登場。
今回の読切は引越し後、伸びた髪を整えて貰う必要がある詩音。彼女の前に現れた、ただで髪を切ってくれると現れた女の子。しかしただより高いものはないわけで…

タツノコッソ先生の趣味と性癖がよく現れた展開になっている(褒め言葉ですよ)。客と店員という関係の壁を詩音と店員(石川さん)はどう乗り越えたのか。百合漫画の醍醐味は二人の深い関係もあるが、仲良くなるプロセスも、随所に垣間見せるスチルもまた物語を彩ると思っている。なかなか良いお話であった。

本題、まんがタイムきららMAX2018年9月号でこのタツノコッソ先生「社畜さんと家出少女」がゲスト連載されるので今から正座して待機したい。主要な作品が抜けて寂しいきららMAXを彩ってくれるか期待したい。
あと、コミックキューンで「おふれこタイムス」を連載されていた南瓜先生「16時のお忍び窓」も併せて期待しています。

おふれこタイムス 1 (MFC キューンシリーズ)
おふれこタイムス 1 (MFC キューンシリーズ)

オマケ:ゆるゆり

最近「RELEASE THE SPYCE」のお仕事の影響もあるのか休載がちな本作だが、今月の百合姫には無事掲載されている。
130話「船見結衣の尊い一面」。きのことたけのこどっちが好き?という色々なキャラの掛け合いのお話のはずなのだが、なんだかんだで綾乃が一番クソレズ尊かったという印象であった。他キャラの掛け合いもいい味出しているんですがね。
いっぽうクソレズぶりでは綾乃に負けていないちなつ。彼女は結衣先輩のためなら己の主義をも曲げる、やっぱりいつものチーナであった。

ゆるゆり (16) 特装版 (百合姫コミックス)
ゆるゆり (16) 特装版 (百合姫コミックス)