まんがタイムきらら 2018年7月号感想(前編)

まんがタイムきらら展と「けいおん!Shuffle」



2002年5月17日に『まんがホーム』の増刊号として刊行され、2003年11月8日に『まんがタイムきらら』独立誌として創刊されてから15年が経とうとしている。まんがタイムきらら及び関連誌の中から80作品の描き下ろしイラスト・漫画を展示するということで、日数が少なくまた開催場所も手狭ではあるが、このような展覧会の催しはとても素晴らしいと思う。続報を待ちたい。

展覧会のポスター、チラシのキャラに「けいおん!」の平沢唯がいる。けいおん!の作者様ときららとの関係が途切れているのでは、と不安であったが杞憂で何より。そして来月号きらら本誌は「けいおん!」の新作「けいおん!Shuffle」が連載開始する。表紙・巻頭カラーの異例の扱いである。


けいおん!がきらら本誌及びきららキャラット誌で連載されていたのは、派生作品(collegeとhighschool)を含め2007年から2012年とそれほど長くはない。しかしアニメが超大ヒットして社会現象といえるムーブメントを巻き起こしたのはご存知の通り。けいおん!後の作者様の消息がほとんど途絶えていた中、突然の新連載告知。
公開されたイラストを見る限り「今度の主役はドラム担当!?」とある。律ちゃんェ… 唯たち既存のキャラとの接点はあるのかなどを含めていろいろと気になるところだが、まずは前向きに期待していきたい。

しかし今月のまんがタイムきららはそんな朗報ばかりでない。新しく生まれる作品があれば消える作品もあるのが連載誌の宿命であり、避けては通れぬ事実である。

まんがタイムきらら 2018年 07 月号 [雑誌]
まんがタイムきらら 2018年 07 月号 [雑誌]

スロウスタート

2018年7月号きらら本誌の表紙、巻頭カラー。
万年さんが予備校で出会った、花名ちゃん達の学校の生徒会長(溝端創)について花名とたまてに色々質問する。しかし普段接していないと急に生徒会長といわれても思い出せないもので。
一方、当の生徒会長と副会長の兆野綴は二人で水入らずのひとときを過ごしていたが、予備校で会ったすごい人にしておもしろい人──万年さんについて話をしていた。

ちなみに花名たち四人組の中で、花名以外はみんな体が柔らかいらしい。そして万年さんはというと。

スロウスタートTVアニメガイドブック Slow-blooming flower (まんがタイムKRコミックス)
スロウスタートTVアニメガイドブック Slow-blooming flower (まんがタイムKRコミックス)スロウスタート (5) (まんがタイムKRコミックス)
スロウスタート (5) (まんがタイムKRコミックス)

ゆゆ式

掲載順位が2番目に戻った。結局前月の掲載19番目は何だったんだ。
ちょっと眠いという話がいつの間にどっかから血が出ていないという妄想になるのがゆずこ。そこからきらファンの☆5お母さんのように空飛ぶ夢へと話題が跳躍し、あいちゃんも交えて会話の幅が膨らむ。
当然、情報処理部の今回のテーマは「今日の夢」。フロイトやユングがその場にいたらどんな反応するのかはともかく、ゆずこの夢が非常にいい診断結果になり、ゆずこの発想もトークも調子にのっていき…
DSC_0257.JPG
【悲報】今日のまとめ。





意外ときらファンの中では扱いが良いゆゆ式。不満を言うなら岡野佳がまだ登場していないことと個人的に未だに☆5の三人とふみおがガチャで引けないことだな。

夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1)
夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1)ゆゆ式 コミック 1-9巻 セット
ゆゆ式 コミック 1-9巻 セット

佐藤さんはPJK

きららキャラットも先月はゆず35歳、今月はmonoがこの掲載順3番目だし、新規連載陣を推すのはいいことだと思う。
というわけで結婚情報誌を読む佐藤さん(実年齢27歳)。その姿にあらぬ妄想を懐く鈴木千春。普段は守られる側であるはずが今日は佐藤さんを守るべく無理を押して色々と奮闘するのだが…
なお今月も渡辺めい(自称佐藤さんのライバル)が三流悪役を演じていて笑います。

炎の闘球児 ドッジ弾平 全18巻完結セット(てんとう虫コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
炎の闘球児 ドッジ弾平 全18巻完結セット(てんとう虫コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

DSC_0258.JPG
今月の読者プレゼント、佐藤さんはPJKトランプホスィ( ゚д゚)...

がんくつ荘の不夜城さん

単行本1巻好評発売中。きららベースの連載も好調です。
浴室の給湯器が壊れて風呂に入れない、ということで地下に住んでいる自称がんくつ王の管理人に会いに行く不夜城さんと白仙さん。不夜城さん以上のへんくつ王にして引きこもりらしい。いちおう管理人らしく不夜城さんのお仕事の心配もしていたりする。
DSC_0260.JPG
先月のきらら本誌のアンケート用紙

がんくつ荘の不夜城さん (1) (まんがタイムKRコミックス)
がんくつ荘の不夜城さん (1) (まんがタイムKRコミックス)

あっちこっち

センターカラー。フクロウ喫茶に行ったつみき達(みいこ姉の知り合いがやっている店らしい)。果たしてつみきや姫っちはフクロウを手懐けることができるのか。
DSC_0261.JPG
真宵の珍しい髪下ろしシーン

あっちこっち コミック 1-7巻セット
あっちこっち コミック 1-7巻セット

うらら迷路帖

前月号の「伝説の一番占なんて本当はいないんだけどな」という物語の根底を覆すセツのトンデモ発言の真偽を問いただすため千矢たちは巽屋に向かった。セツの言う「頼れる同期」が巽屋の時江さん(紺のカーチャンにして二番占)なのである。迷路町のトップシークレットらしい「今の迷路町に一番占はいない」という事実。

しかしそれでも裏に潜む謎は謎のままである。臣が推測する「一番占は人々の記憶から消えたのでは」という仮説、千矢の母親に関する記録が塗り潰されている事実、時江が千矢と会った時の出来事、それらを繋げるミッシングリンクを見つけ出すべく千矢たちは動き出すのであった。

うらら迷路帖 (5) (まんがタイムKRコミックス)
うらら迷路帖 (5) (まんがタイムKRコミックス)

ちなみに6月9日は二条臣のお誕生日です。アニメでは最終話で一瞬だけ登場した彼女はきららファンタジアで参戦が決まっており、どのようなキャラで、誰のボイスで実装されるかが非常に気になるところである。

城下町のダンデライオン

アンジェリカの兄貴であるアルヴィンが入国した。彼は前回の連載で明らかになったアンジェリカの超能力の秘密を茜にあらためて打ち明ける。
いっぽうアンジェリカの通う高校の文化祭。王子様役を演じる遥(櫻田家の次男。CV:村瀬歩)が都合よく熱を出してダウン。姫様役を演じるアンジェリカを前に現れた王子様の代役とはまさに茜であった。
しかしアルヴィンの入国の理由はもう一つあった。アンジェに告げられる突然の事実。

城下町のダンデライオン コンパクトパックBlu-ray
城下町のダンデライオン コンパクトパックBlu-ray

放課後すとりっぷ

センターカラー。前回発覚してしまった衝撃的な事実を忘れたい白石イチカ。海に行って思う存分楽しむ妄想と裏腹に否が応でも受け入れなくてはいけない出来事。
しょうがないので当初の目的である勉強会をするも、結局話題はタイトル通りすとりっぷな方向にスライドするのであった。イチカの苦悶は続く。

「編沢さんコスプレするんですか?」
「編沢さんコスプレするんですか?」

みゃーこせんせぇ

2018年7月26日に単行本1巻発売予定。同日発売の「全裸.zip」もよろしくね。
海夏と双樹のクラスが学級閉鎖になった。暇な二人に対しみゃーこ先生が渡した透明になる薬。当然この薬を飲んで海夏が何事も起こさないわけがなく…
なお最後ぞんぞんびより新キャラの予感。

みゃーこせんせぇ(1) (まんがタイムKRコミックス)
みゃーこせんせぇ(1) (まんがタイムKRコミックス)全裸.zip(1) (まんがタイムKRコミックス)
全裸.zip(1) (まんがタイムKRコミックス)

三者三葉

きらら各誌の中でも『まんがタイムオリジナル』増刊号時代から連載されており、15年の歴史を誇る最古参である三者三葉。きらら展でももっと尊重して欲しいのだが。
葉子様のバイト先に現れたお父上(西川孝清)。現況を伝え娘とも久々の再会をする。
しかし嬉しい出来事があって盛り上がるはずの双葉や照との会話がどこかリアルで薄ら寒いのは、お金の話に直結してしまうからか。

そしてもう高2の冬だったのか…進級したの最近のような気がするんですが…

三者三葉 (13) (まんがタイムKRコミックス)
三者三葉 (13) (まんがタイムKRコミックス)



今回も妙に存在感を発揮していた山路と薗部

奥さまは新妻ちゃん

次のページの「JKすぷらっしゅ!」の広告が最高に尊いせいでこちらのリア充生活の尊さが色霞む気もするが、家族と仲良く過ごす生活こそ本当に尊いと言うべきと思う。
そんなわけで旦那との日常生活、いろいろあるけどリア充爆発しろラブラブな感が一コマずつ最大限に発せられていて幸せそうで何よりです。休日、近所の公園で色々とはしゃぐ新妻ちゃん。そしてなんとか彼女に応えようと労苦を厭わない旦那であった。

JKすぷらっしゅ!  (1) (まんがタイムKRコミックス)
JKすぷらっしゅ! (1) (まんがタイムKRコミックス)JKすぷらっしゅ! (2) (まんがタイムKRコミックス)
JKすぷらっしゅ! (2) (まんがタイムKRコミックス)

この記事へのコメント