まんがタイムきららキャラット 2018年10月号感想(前編)

まんがタイムきららキャラット 2018年 10 月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2018年 10 月号 [雑誌]

NEW GAME!(1本目)

今月号きららキャラットの表紙にして巻頭カラーはNEW GAME!。単行本8巻が2018年10月25日に発売予定だが、しばらく続いた2話連載体制は今月までらしい。というか前月号の涼風青葉を見てショックを受けたのは、彼女がゲロインしたことではなく20歳になったということである。つまり、この物語が始まってから実に2年近い歳月が流れていたのである。青葉や周りがどのように年をとり成長したかということを実感する以前に、ただこの事実だけが無情にもそびえ立っている感じがしてならない。この先、この作品はどうなるのか、青葉たちはどのような運命が待っているのか。
そしてさらに衝撃の事態が判明したわけだが、詳しくは2本目の記事で書くことにしたい。

1本目、なんだかんだいってキャラリーダーとしての職責は果たせてもまだまだ自覚に乏しいひふみ。ゲームのスケジュールも切羽詰まっており、禁断のアウトソーシング(つまり外注)を検討することに。それにしてもいろいろな要求を出してくる周りに対し、ひふみの心休まる時はいつ訪れるのでしょうか。

NEW GAME! (7) (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME! (7) (まんがタイムKRコミックス)NEW GAME! (8) (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME! (8) (まんがタイムKRコミックス)

ブレンド・S

昔買ったはずのゲームがないということで結局買うことにした夏帆。その買い物に秋月もなりゆきで行くことに。
結果からいうとお目当てのゲームはどの店にも無かったが、帰りの電車で夏帆が気になった秋月の匂い。それファブリーズだろ
まあそんなわけで前月号と全く同じ感想。リア充爆発しろ

ブレンド・S コミック 1-4巻セット
ブレンド・S コミック 1-4巻セット
来月号センタカラーです。

まちカドまぞく

掲載順位が15→3番目に。単行本4巻が2018年10月25日に発売予定だが、この前後に何か発表があるのではという予測は自分もしている。気のせいで無いことを願いたいが……
この世界に住むことになったはいいが退屈を持て余す使い魔ウガルル。バイト先に例の喫茶店を斡旋してもらおうとするが、店員のリコが「どんな料理を作っても食う人がガンギマる(意味深)」という理由で喫茶店は臨時休業していた。なおマスターの食事は冷や飯で誤魔化すもよう。
なんとか店員稼業に励もうとするウガルルだがやっぱりというべきか色々問題があり……というかその間にリコが作っていた料理の残りが何やら怪しい暴走を始めていた。

そして喫茶店「あすら」の休業はさらに続くのであった。まあ店長たちの命に比べれば店の破壊など大したことはない…はず。

[まとめ買い] まちカドまぞく
[まとめ買い] まちカドまぞくまちカドまぞく (4) (まんがタイムKRコミックス)
まちカドまぞく (4) (まんがタイムKRコミックス)

おちこぼれフルーツタルト


掲載順位が8→4番目に。しかしアイドルというものはこうもまでプライベートが無いのか、と可笑しくも悲しくなる今月のおちフルであった。言いたいことは色々あるのですが、自分もロコの匂いを(以下強制終了)なお来月号センタカラー。

[まとめ買い] おちこぼれフルーツタルト
[まとめ買い] おちこぼれフルーツタルト

アニマエール!


今月はセンターカラー、来月号からアニメの宣伝もあり当面表紙が続く本作。肝心のチアの演出も本格的にやっていくようで。

日常系作品の新聞部はだいたい色物キャラばかり(例:恋する小惑星)。というわけでチア部を取材しに来た新聞部の鷲尾。鷲尾自体はそこまで問題あるわけではないが、対象的に異常なまでボケ役に徹するこはね、ツッコミきれない宇希と虎徹。
意外と緊張しがちだが乗る時は乗るひづめも可愛いが、やはり花和のクソレズぶりは今回もぶれていない。いいぞもっとやれ
DSC_0311.JPG
そして新聞に掲載される有馬ひづめ先生の御作品。どこかヘルシェイク矢野を思わせるキャラ(個人的な意見)

[まとめ買い] アニマエール!
[まとめ買い] アニマエール!アニマエール!  (3) (まんがタイムKRコミックス)
アニマエール! (3) (まんがタイムKRコミックス)
単行本3巻が2018年9月27日に発売予定。

RPG不動産

コーランさん(DQ5のルドマンに少し似ている)のアパートから脱出する入居者が耐えない、ということで真相を探りに行く琴音たち。それもそのはず、その物件はレヌール城のトラウマを再現するが如き幽霊のすくつ(なぜか変換できない)だった。
しかしその物件を一目見て気に入った、今まで他の物件に満足しなかったネクロマンサーのリリィ。リリィの目的とは──
あと髪を下ろしたラキラ(戦士)がかわいい。

アロマちゃんは今夜も恥ずかしい(2) (マガジンエッジKC)
アロマちゃんは今夜も恥ずかしい(2) (マガジンエッジKC)

はるみねーしょん

今月も掲載順が前の方の本作。Suicaなどに代表される非接触ICカードの技術。こうした身近な電子技術が今月のテーマ。「実はもう割と『未来』なのかもな」というユキの言葉と、アナログなネタの応酬をどこまで感じ取れるかは読者子の判断に委ねられるところもあると思う。
それにしてもバーチャル細野はるみ、誰か作りませんかね。


はるみねーしょん (7) (まんがタイムKRコミックス)
はるみねーしょん (7) (まんがタイムKRコミックス)

精霊さまの難儀な日常

【朗報】今月10ページもある。そして来月センターカラー。

きららキャラットの中で唯一表紙絵にあらすじが載っているのがこの作品。フォワード的といえばそうである。
というかまだ単行本も出ていないのに初夏なのか(困惑)。炎の精霊サラにとっては最高の季節だが水の精霊ルカにとっては……
いきなり太陽について色々と語りが始まる本作。ゆゆ式かな?
しかしいきなり話が前回漬けた梅干しに飛ぶのもまたゆゆ式を思わせる展開で大変よろしいと思う。さらにサラの故郷である炎の精霊国がメシマズだったという衝撃の事実も発覚(理由は推して知るべしだが)。そしてさらに話が飛んでみんなで夕食を食べに行くことに。意外と常識のない灯里(ともり)と肉はウェルダンに限るサラであった。

あんハピ♪ Blu-ray BOX
あんハピ♪ Blu-ray BOXゆゆ式 Blu-ray BOX
ゆゆ式 Blu-ray BOX

ひだまりスケッチ

今月はちゃんと掲載されているが(ただし4ページ)、代わりにキルミーベイベーが休み(カガクチョップは今月更新されている。作品の感想は後ほど)。

ゆのっち達にとっては高校生活三回目の体育祭……だが、校長が吉野屋先生に対して容赦なくバックブリーカーやラリアットや逆エビ固めで制裁を加えまくって笑いが取れる漫画なんてキルミーとこの作品くらいだと思う(今回確か体育祭ですよね)。
それにしても吉野屋先生が提案してボツになった競技種目のネタの危険性といったら。

ひだまりスケッチ コミック 1-9巻セット (まんがタイムKRコミックス)
ひだまりスケッチ コミック 1-9巻セット (まんがタイムKRコミックス)

恋する小惑星


とてもいいインタビュー記事なのでぜひ読んで下さい。しかし広告にある「地学系女子(ジオジョ)」って響き……うーんこの。
文化祭当日。部活動を紹介する展示とカフェを合わせたなんとも脈絡の無い出し物が今年の地学部。いろいろな客に対してコンセプトを説明するだけでも一苦労なようで。
それにしてもいろいろあった、というのが今回の文化祭の感想であった。しかし部長と副部長が引退を宣言(そういえば高3でしたね)、後継の部長は地質班の猪瀬まいが突然指名されて──さあどうなる地学部。

恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)
恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)

Aチャンネル


ユタカ「なんでや!ワイの出番のほうが★5ナギより先やろ!」鬼頭先生「せやな」佐藤先生「男は出られないんですか」

ある意味るん以上にぶっとんでいるヒラちゃん。この二人が待ち合わせした後、ユー子が通りかからなかったら二人揃って一生ベンチで寝ていたかもしれない。
辛い物を食べに行く約束ということで、カレー屋で調子乗ってMAX10倍の辛さのカレーを注文する二人。それでも想像を絶する辛さに耐えて二人とも完食したのは立派だった。
※ ちなみに辛い物に水は本当は逆効果らしい(口の中に辛さが広がってしまうため)。

Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)

メイドさんの下着は特別です。

連載開始間もないということもあるが、こういう作品をもっと押し出すのは良いことである。ふじょ子とユリ子ももっと掲載順位前にしてくれても…
大学の授業に出かけたはいいがノートを家に忘れた蘭子。そして授業の教壇に立ったのはなぜかご主人様のクラウンであった。当然このご主人様の講義内容といえば──
ちなみにクラウンと先輩メイド・ツカサの目的はノートを届けるついでに自分らの趣味を思いっきり満たすことであった(予定の授業に余裕で割り込んだり、他の生徒達にランジェリーを自発的に着用させたり、周りを洗脳する能力でもあるのだろうか)。まあ当事者以外であればこんな授業確かに見てみたい。

ふたりでひとりぐらし、 (1) (まんがタイムKRコミックス)
ふたりでひとりぐらし、 (1) (まんがタイムKRコミックス)

正義ノ花道

センターカラーにして単行本1巻絶賛発売中。きららベースでも振り返り連載やっています
夏の日差しを嫌うわっしょいさん、女の子用水着を着用する遠野カエデ(性別:男)、そしてそこに現れた生徒会の──
今回も男の娘のピンチをしっかり救うヒーローアラタの勇姿が見れます(ついでにアラタが変身ヒーローの中の人であることもバレました)。
ちなみに福家書店で単行本1巻を購入すると特典で、かの男の娘のブロマイド(モノクロペーパー)がもらえます(宣伝)。

正義ノ花道 (1) (まんがタイムKRコミックス)
正義ノ花道 (1) (まんがタイムKRコミックス)

この記事へのコメント