まんがタイムきらら 2018年11月号感想(後編)

ゆゆ式


ページ減じゃなきゃなあ…と思う最近のゆゆ式(本誌や他誌のベテランの他作品にも言えることだが)。それはそうと皆様きららファンタジアの7章はプレイしましたでしょうか。あれほど「ゆゆ式」しているシナリオも珍しい。ゆずこや唯、縁たちの立ち位置や役割が今までの作品シナリオより明らかに個性を際立たせる趣きがあってまだまだ本ゲームも捨てたものではないなと思った。そして単に登場キャラだけでなく敵キャラにも──

本編、体育の授業でバスケットボールで遊ぶゆずこと縁。そこからはいつものゆゆ式な会話だが、そこにふみおが入り込み──
そのあと唐突に次英語の授業だということから話がなぜかキリル文字の方面へ。キリル文字といえばアスキーアートで(゚Д゚)ゴルァ!!とかの顔文字でもキルコフでもなくて、今月もゆずこ独自の世界観が展開されます。

ゆゆ式 [レンタル落ち] 全6巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
ゆゆ式 [レンタル落ち] 全6巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]キルミーベイベー Blu-ray BOX
キルミーベイベー Blu-ray BOX

うらら迷路帖放課後すとりっぷ

本作も単行本1巻が2018年12月26日に出るらしい。連載始まったのがつい最近のように(ry
林檎に対して今週末デートに行こうと誘う白石イチカ。しかしこういう時に限って邪魔が入るもとい誰か聞いている。
そんなわけで七瀬ななも交えて三人で色々話をしているうちになぜか体にあるほくろの話題になり、部屋はいつの間にかヌード会場となる。そして三人が楽しくおしゃべりしながら帰るのを覗く六花(ななの姉)とあかねの怪しい視線。ヨツンヴァインになるんだよおうあくしろよ


ルーベンス回想 (ちくま学芸文庫)
ルーベンス回想 (ちくま学芸文庫)

みゃーこせんせぇ

掲載順位が6番目→14番目に。この学校の文化祭は7月なので作中時間の経過はスロウスタートほどではないがゆっくりで良い。
文化祭の出し物の話をしているうちに抜き打ちの避難訓練の放送が鳴り、一同校庭へ行くことに。こういう脈絡のない突発イベントが起きるのもまた日常系漫画の常である。
なお今月久しぶりにラスボスのBBA校長達懐かしいキャラが登場します。あと安全委員長の新地雪菜が可愛い。

みゃーこせんせぇ(1) (まんがタイムKRコミックス)
みゃーこせんせぇ(1) (まんがタイムKRコミックス)

初春が咲く

掲載順位が11番目→15番目に。喫茶店でバイトをはじめた柚子。そこで先輩バイトだった想い人の新庄君。まだまだ慣れぬ柚子の仕事ぶりに対しそつなく接客をこなしていく新庄君。二人の距離はだんだん近づく。

ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン03 ~μ’sのクリスマス~ (電撃コミックスNEXT)
ラブライブ! School idol diary セカンドシーズン03 ~μ’sのクリスマス~ (電撃コミックスNEXT)

夢見るルネサンス

センターカラーのゲスト連載前編。なんで16世紀フィレンツェの少女がトスカーナ方言じゃなくていきなり現代日本語話すねんとか突っ込みたくなるのはさておき、その絵描きを夢みる少女──リーチャが三者三葉の薗部篠みたいに、日本人の鳥居レンの前にふわっと舞い降りてきた。
なんやかんやでレンの家にお邪魔させてもらうことになったリーチャはレンの好みな萌え絵に興味を抱いてしまう。

ねんどろいど 東方Project 八雲紫 (修正パーツ付き)
ねんどろいど 東方Project 八雲紫 (修正パーツ付き)

さかさまロリポップ

ゲスト連載2話目。小学生アイドルの詩月を仕事場まで送ることになった高校生の姉の柚希。詩月のマネージャーがどっかで見たような顔なのはともかく、このマネージャーにいろいろとロリ趣味を聞かされグイグイと攻められ、精神崩壊してしまう柚希であった。

住めど地獄のインフェルノ: 1 (百合姫コミックス)
住めど地獄のインフェルノ: 1 (百合姫コミックス)

あっちこっち

三者三葉が卒業するとまんがタイムきらら誌では最古、キャラット連載のひだまりスケッチを入れても2番目の長期連載となるあっちこっち。一応今月は連載されているが貫録の6ページである。

釣りに行く男3人。釣りといえばきららフォワード先月号の新連載「スローループ」及びゲスト「キャッチ&キャッチ&リリース」を思い出す。しかし結局釣れたのは魚ではなくヌコばかりでした。

あっちこっち コミック 1-7巻セット
あっちこっち コミック 1-7巻セット

星色ガールドロップおもいあい!

ゲスト連載2話。クラスメイトの東十条くんにぞっこんな星宮雪乃。恋の相談を持ち掛けられた雪乃の友達の凛子は雪乃に怪しい黒魔術の本を紹介する。書いてある好きな人の髪を手に入れるという方法をさっそく試し、見事にゲットしたかに見えた。しかしその毛の持ち主は──
毛の部位が部位ならそれこそ大問題なネタになる、と書いたところで金髪フェチの某モザイクの二人を思い出した。

あときらら本誌の特徴として、ラブコメものの男の目つきは悪い(甘そばの楓とあっちこっちの伊御除く)。

【宣伝】前ページにある広告「はんどすたんど!」3巻絶賛発売中。

はんどすたんど!  (3) (まんがタイムKRコミックス)
はんどすたんど! (3) (まんがタイムKRコミックス)

世界征服Girls

前々月号で読切ゲスト連載を載せた武シノブ先生の新ゲスト作品。ただ似たようなテーマの作品を赤秩父先生のゲスト連載(ミラク「すこやか世界征服日誌」)で以前みたような。作品のノリはさすが往年のきらら4コマを思わせる。

両親が「正義の味方」で、二人が不在なのでよりによって(自称)世界征服を企む組織「KR団」に預けられた正心愛(ただごころ あい)。(厨二を感じさせる名前ばかりな)組織の他メンバーもなかなか濃いキャラ揃いだが、中でも組織の長であるラテーラがインパクト強い。
変身後のラテーラとマリア(本名:愛染明王・マリアルカ)の胸が大きい。

かいちょー☆ (3) (まんがタイムKRコミックス)
かいちょー☆ (3) (まんがタイムKRコミックス)

最強魔導士のお母さんは娘の成長が気になりますっ


ゲスト連載2話目。1話目で禁断のネタを使ってきたが、今回もしっかり使ってきますので一部の大きなお兄さん読者は心して読むように。
娘たちを草葉の陰で見守る魔導士みならいのルルネの母ルミネ。と、ルルネの友達ミミコの母ナナコ。ルミネの先輩にあたるとはいえ親バカにはかわりないナナコ。娘同士も母親同士もしょーもない争いをするが、ならばRPGのキャラらしく、マンドラゴラァという珍奇なモンスターの頭の毛を抜くという勝負を娘たちに挑ませる。さっきも髪を抜くネタのゲスト4コマあったな
しかし結局娘たちの勝負に親が手を出して……

加トちゃん 携帯ストラップ 根付 水族館限定 イルカの加トちゃん
加トちゃん 携帯ストラップ 根付 水族館限定 イルカの加トちゃん駒ひびき(1) 【電子特別版】 (ドラゴンコミックスエイジ)
駒ひびき(1) 【電子特別版】 (ドラゴンコミックスエイジ)

グラスのマーメイド

単行本が2018年12月26日に出るらしい。しかし本作は来月で最終回が決まっている。
絵を見た時ルミやらんぷの可愛らしさにとても魅せられたし、本誌のごちうさ的なポジションになると思っていた。しかし肝心の「ワインショップでのお仕事」をはじめとしたストーリー、キャラクター(主要2人以外)、設定、ワインの知識、描き込みなど色々と惜しいところが多かった。加えて休載が多かったのも……

ワインショップに働いてから2ヶ月、ルミは自分の働く意義に疑問を抱いていた。先輩の響が彼女を誘って色々話を聞いてみる。
自分も酒飲めなかったのを特訓して今に至ったんだという響だったが、正直無理して合わせるよりもルミは自分にあったものを見つけるべきでは、と思ってしまう。

村人Aと帝国第七特殊連隊<ドラゴンパピー> 1.ヒュドラ殺し (オーバーラップ文庫)
村人Aと帝国第七特殊連隊<ドラゴンパピー> 1.ヒュドラ殺し (オーバーラップ文庫)

おとめサキュバス

本作は今回で完結。2018年11月27日に単行本2巻が発売予定。
キュリアの姉が調査員としてやってきた。キュリアが人間界で少しでも成長した軌跡を認めた姉はあっさりと合格の届け出を出すことを言い渡し、キュリアが精霊に変身させられることはなくなった。不正はなかった

……しかしキュリアは本当にそれでよかったのかとふと思いなおす。夢の時の話はあくまでその場凌ぎの対応に過ぎず、もう少し人間界に残って他のサキュバスや人間たち友達との時間を過ごす一方で、一人前のサキュバスとして心身を練り直すという選択を選ぶ。
まだまだ一人前は難しいが、本当のキュリアたちの戦いはこれから幕を開ける──と最終回らしく書いてみる。2年間ありがとうございました。

おとめサキュバス (2) (まんがタイムKRコミックス)
おとめサキュバス (2) (まんがタイムKRコミックス)

その他

「My Private D☆V」は「初春が咲く」の柴崎しょうじ先生。次回は「海色マーチ」のミナミト先生が登場。
来月号きらら本誌は、先に述べた15周年企画のほかに湖西晶先生の「下を向いて歩こう」が新連載。大先生ではあるのですが、まずゲスト連載で手ごたえをみたほうが良いと思うのですが…
また、読み切りゲスト連載に「眼鏡のお年頃」「ホワイトロリータ」というよりとらのあなの美虎ちゃんで有名なむっく先生の描き下ろし作品が登場します。

眼鏡のお年頃 1 (まんがタイムきららコミックス)
眼鏡のお年頃 1 (まんがタイムきららコミックス)下を向いて歩こう
下を向いて歩こう

この記事へのコメント