まんがタイムきららキャラット 2018年12月号感想(前編)



美術館の音声ガイドはあまり聞かないほうだが、これは例外。九条カレンがゆゆ式を片言で解説しようとしたり、チノがキルミーベイベーについて熱く語るのは想像するだけで腹筋が崩壊する胸がときめくものを感じます。
まんがタイムきららキャラット 2018年 12 月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2018年 12 月号 [雑誌]

アニマエール!

きららキャラットは今月号から3ヶ月連続でアニマエール!関連の特典が付くため値段がいつもより高い。
高校の文化祭。ただチア部としての活動予定は立てていなかったようで、各メンバークラスでの活動に徹している……んだがやっぱり宇希と花和が(レズ的な意味で)目立ち、虎徹は自らの食欲を満たしていた。
しかしそんな彼女らに突然の出来事が。なんでも舞台に立つ予定だったバンドが突然失踪したらしい。どこぞの結束バンドでしょうか。
DSC_0352.JPG
そして30分の舞台の穴を埋めるためにチア部が壇上に立つことに。30分も時間を稼げるのか、と思ったがそこは虎徹の考えた筋書きでうまく乗り切った。そして部室に犬養先生が訪れる。なんでも特別賞というのをもらってきて、中身はスーパー銭湯の招待券というのだが…

アニマエール! 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
アニマエール! 3巻 (まんがタイムKRコミックス)アニマエール!  Vol.1 [Blu-ray]
アニマエール! Vol.1 [Blu-ray]

アニマエール!が西武ライオンズとコラボした結果、コラボ翌日から12連勝を決めてリーグ優勝は果たしたものの、CSで見事に力尽きた。本作、早くから西武を応援していたヤマノススメ、西武とソフバンのガチ対決が舞台の私を球場に連れてって!の立場はいったい。

私を球場に連れてって! (1) (まんがタイムKRコミックス)
私を球場に連れてって! (1) (まんがタイムKRコミックス)

アニマエール!アフレコレポート

まんがタイムきららフォワードで「なきむしステップ」「せなかぐらし」を連載されていたカザマアヤミ先生によるアニマエール!収録現場のレポート。作者様ってこんな顔してたんだ(想像していたのと違ってた)。

アニメ4話のアフレコの話を放映に先駆けて紹介。こはねがやっぱりサーバルちゃんなんだなと思った。あと花和の中の人もインタビュー受けていたので出番あるのかな。

なきむしステップ
なきむしステップ

恋する小惑星

アニマエール!の放送中CMでも紹介された本作。色々編集から押されていおり、特に今月この掲載位置だがアニメ化でもするんすか(と信じたい)。もう23話ということだが、今回話が急展開を迎えているとはいえ、まだまだ続くと思うのだが……
体調を崩して学校を休んでいる真中あお。各自いろいろな気遣いを見せる中、木ノ幡みらと新部長の猪瀬舞はあおの家にお見舞いに行くことに。あおは最近読んだ本をみらに勧めるなど平静を装うが、その内心に秘めたる事は……

恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)
恋する小惑星(アステロイド) (1) (まんがタイムKRコミックス)

おちこぼれフルーツタルト


アニマエール!の放送中CMでも紹介された本作。アイドル甲子園が始まったはいいが果たしてフルーツタルトがこの8月を体力的な意味で乗り切れるとは思えない、ということでマネージャーの提案で「特訓」をすることに。しかしやっていることが体力の基礎づくりどころかヌードの実演にしか見えないのは気のせいでしょうか。
いきなりランニングを課したからもあるかもしれないが、公園を1周すらできないフルーツタルトの前途や如何。

[まとめ買い] おちこぼれフルーツタルト
[まとめ買い] おちこぼれフルーツタルト

NEW GAME!

【超悲報】


前月号の展開があまりに不穏すぎると思ったらやっぱりそうだった。今月のがっこうぐらし!なんか本作に比べると全く優しい世界である。しかもその事実が発覚したのがよりによって青葉とねねっちのせいなのである(本人達は全く悪くはないのだが)。今月のきんいろモザイクといい本作といいもはや嫉妬が修羅場を呼び寄せているとしか言いようのない事態である。
なお遠山りんの憂鬱を勝手に解釈して物陰から心配の目でりんを見守る青葉とねねっち。心情未だ収まらないりんが(現地では真夜中というのに)コウに電話をかける。これ以上大惨事になるのを防ぐため青葉とねねっちも星川ほたる(八神コウの同居相手)に電話をかけてなんとか場を取り繕うとするのだが──小路綾もりんもクソレズはやっぱり面倒臭い。

巻末に掲載されている2本目は、現地のブルーローズに入社するほたる。やっぱFPS作らされるんでしょうか
新しいゲームの重要モンスターのキャラデザをいきなり任されるほたる。しかし相当な自信があるのか博打打ちなのかカトリーヌは反対の声を押し切りほたるの抜擢の理由を皆の前で説明する。コウも内心では正直承諾しかねていたが(過去にあった青葉たちの出来事を考えていたのだろう)、二週間後仕事に取り組むほたると一緒に打ち解けた会話をする。
単行本8巻絶賛発売中です。

NEW GAME! (8) (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME! (8) (まんがタイムKRコミックス)

ブレンド・S

先日のきららファンタジアの復刻イベントで、新たに神崎ひでり、桜ノ宮愛香が参戦した。男の娘参戦は個人的には別にありだろうと思う。店長や秋月はさすがに無いだろうけど
そんな店長の言動が気になって仕方ない苺香。その理由をSBJKだからだと勝手に推測する風間彩人(麻冬の友達でボーイッシュなバンドマン)と天野美雨。二人は店長と苺香を無理やり連れてきて苺香に店長が好きかと問うがあっさりと答えてしまう苺香。そして勝手に妄想が捗る彩人と美雨、今までの態度となんら変わりない苺香であった。

ブレンド・S (4) (まんがタイムKRコミックス)
ブレンド・S (4) (まんがタイムKRコミックス)

すわっぷ⇔すわっぷ

修学旅行。なんだかんだで全開な今月の本作だが、やっぱりキスシーンは健在。というよりキスして体が入れ替わるのは春子たちだけじゃなかったんだ、と今更ながら実感させられた最後のページ。来月修羅場の予感。

[まとめ買い] すわっぷ⇔すわっぷ
[まとめ買い] すわっぷ⇔すわっぷ

RPG不動産

アニマエール!の放送中CMでも紹介…って、まだ単行本出ていないのにCMで紹介されるというのは地味に凄い。本誌もMAXもこれくらい積極的だったらと思う。でもCMで紹介されても二巻乙になるときはなるし…
ルフリアとラキラの尊いシャワーシーンから始まる今月のRPG不動産。平和になっても異常気象があちこち起きるのがこの世界。そして君主制というより軍政敷いているんじゃないかと闇を感じさせるのもこの世界。新たにワープゲート(ドラクエだと旅の扉)を作ることになって魔力徴収のためRPG不動産のみんなは会場に向かったが、王宮側ではえらい事実が発覚していた。
そんな事は露知らずさっそく魔力を提供する琴音たち。しかしファーが装置に手を伸ばしたところ……
果たしてこの事実は世界で起きつつある異変と関係は無いといえるのか。それとも──

そやかてええやん 1 (バンブーコミックス)
そやかてええやん 1 (バンブーコミックス)

Aチャンネル

今月で定期連載10周年になる(厳密には2008年10月号、11月号ゲスト。なお2009年11月号まで作者名「bb」だった)各方面から届いたお祝いのコメントが巻頭カラーで紹介されています。ゆゆ式連載10周年の時は何もやらなかった本誌覚えてろよ
DSC_0353.JPG
アニマエール!かな?そんなわけでセンターカラーの今回は体育祭。久しぶりにトオルがサイコレズぶりを見せつけています。もちろん輝いているのはトオルだけでなく他の主要キャラ達もなのだが。頑張った彼女たちへの報酬は──
久々8ページでとても嬉しい。

Aチャンネル Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
Aチャンネル Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

キルミーベイベー

単行本10巻が2018年11月27日発売予定。表紙デザインがキャラット誌でも公開されています。
壊れた傘を持って雨の中を疾走してきたやすな。しかし壊れていようがネタには尽きないやすなの無駄なアイディアは健在。
そして別の日、今度はいろいろな傘を持ってくるやすな。しかしやっぱりネタには(ry
そしてお約束のバトルへ。まあいつものお約束な結末に至るわけだが。

キルミーベイベー (10) (まんがタイムKRコミックス)
キルミーベイベー (10) (まんがタイムKRコミックス)キルミーベイベー コミック 1-9巻セット
キルミーベイベー コミック 1-9巻セット

オマケ:カガクチョップ


10月の更新は無いが、単行本5巻が2018年11月12日に出る予定です。

カガクチョップ(5) (メテオCOMICS)
カガクチョップ(5) (メテオCOMICS)

正義ノ花道


神崎ひでりと遠野カエデというキャラットの2大男の娘が今回も違う意味で大活躍。アラタが着ぐるみを被って熱演しているヒーローショーを真摯に見つめる雲龍院さかき。カエデ達と一緒に来たらしいのだが、なぜか司会の代役を任されてしまうことに。
そんなわけで某所での脱走事件をモチーフにしたと思われる悪役が登場(女の子を人質に取っているので正真正銘の犯罪者である)。アラタとさかきは本来の意味でのヒーローを演じることになる。

正義ノ花道 (1) (まんがタイムKRコミックス)
正義ノ花道 (1) (まんがタイムKRコミックス)

精霊さまの難儀な日常

きららフォワードのあんハピ♪は来月で完結してしまうのだが、本作は単行本1巻が2018年12月26日に出ます。アニマエール!の放送中CMでも紹介されているしやはり推されているんだなと。あと今月10ページは嬉しい。
灯里(ともり)が寝ている隙に、夜中の10時に水の精霊のルカを呼び出した炎の精霊のサラ。第一回「精霊会議」の中で、二人はとりあえず同居先のパートナーの観察日記を付けることに。しかし二人はいろいろ努力はしてみたものの……

ストーリーの後半は七夕。あんハピ♪のチモシー思い出すなあ。そして出来上がった笹竹を見てともりは星空に思いを馳せるのであった。恋する小惑星かな?
それにしても今月あんハピ♪でも見ないような意味深なシーンが多い件。いいぞもっとやれ


イベントの話自体はありがちではあるが良かった。しかしあんハピ♪はまだ三人しか参戦していない。響と蓮はいつになったらエトワリアにやってくるのでしょうか。

精霊さまの難儀な日常 1 (まんがタイムKRコミックス)
精霊さまの難儀な日常 1 (まんがタイムKRコミックス)あんハピ♪ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
あんハピ♪ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

この記事へのコメント