まんがタイムきららフォワード 2018年12月号粗文

まんがタイムきららフォワード 2018年 12 月号 [雑誌]
まんがタイムきららフォワード 2018年 12 月号 [雑誌]

がっこうぐらし!


2日後に発売されたきららキャラットのNEW GAME!の展開のほうが怖いとは先の記事でネタ的な意味で書いたけど、今月のがっこうぐらし!は冒頭から非常に残酷なシーンを見せつけてくれる。純粋な意味ではこちらのほうが全然不穏である。表紙絵は可愛いのに。

“一仕事”やり終えたみーくんの口から発せられた、ボーモン君やランダル評議会との通信が椎子の自作自演だったという事実。非情な現実を前にそれでも場を盛り上げるゆき、同調するりーさんとみーくん。果たして彼女達の行く末に待ち受けているものは──

なお来月号は休載。単行本11巻が2019年1月12日に発売予定。また、アニメ版の廉価版BD-BOXが2019年1月30日に発売予定。
同月公開の劇場版公開と連動させているのでしょうか。

がっこうぐらし!Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)
がっこうぐらし!Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)

ちょっといっぱい!

単行本4巻が2018年11月12日発売予定。今月号きららフォワード表紙だったのでもしかして、と思ったのだが。
色々と仕事に人生に疲れたモードで来店する花園さん。彼女に各自考えたおもてなしを、とそれぞれが創作料理を持ち寄るのだが、彼女を太らせることには貢献するメニューばかりで笑ってしまう。確かに味が濃い料理のほうが酒が進むからなあ。

しかし本作もまた不穏な展開がこの先待ち受けている。俵屋グループという大手居酒屋チェーンに勤務する花園さんの担当エリアの成績が良くなくないとのこと。別の日、その花園さんと上司の五本木さんが閉店間際のこの店に現れる。店長は五本木さんと面識があるようだが。

ちょっといっぱい! コミック 1-3巻セット
ちょっといっぱい! コミック 1-3巻セットちょっといっぱい!  (4) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
ちょっといっぱい! (4) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

はるかなレシーブ

地元の大会に挑むはるかとエミリ、かなたとクレアのいつもと違うペア。はるかとエミリの相手は大城あかりと砂川舞のペア。最初はどちらのペアもぎこちなく息の合わない状態を見せていたが、均衡を破ったのは果たして──

はるかなレシーブ Vol.2 [Blu-ray]
はるかなレシーブ Vol.2 [Blu-ray]

ゆるキャン△

先日のイベントで発表された「ショートアニメ『へやキャン△』制作」「アニメ2期制作」「映画版制作」の告知が本誌巻頭カラーでも掲載されています。今後の告知にも期待したい。
というわけでいよいよ伊豆にキャンプに行くことになった野クル達。犬山あおいは、妹のあかりから自分も一緒に行きたいとねだられて、同行させてほしいと顧問にお願いする。願いは聞き届けられたのはいいが果たして現地までどう行くのか。志摩リンの原付3人乗りは可能なのか。
ここで登場するのがリンの祖父(CV:スネーク)、孫に伊豆の道を走る時の注意をする。そしてリンは斉藤恵那とLINEで色々語り合う。

しかし今月のゆるキャン△は妙にボリュームが多い気がする。最後になでしこの親父も登場し、伊豆の食に関する薀蓄を娘に披露する。娘がお土産に選んだものは。

ゆるキャン△ 7巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)
ゆるキャン△ 7巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)mono 1巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)
mono 1巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (まんがタイムKRコミックス)

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

RPGとかによくある「この先ここを通りたければ私を倒せ」ということで七海やちよと一戦を交えることになった環いろは。実力の差は如何し難くもはやこれまでかと思ったところに二人の勝負を制したのは前回登場した十咎ももこ。やちよは砂場の魔女を先に倒せたらその実力を認めるというのだが、向かった先には小さなキュゥべえがいた。いろははこのキュゥべえに道案内をしてもらえば、とペアを組んだももこに提案する。

ヴァイスシュヴァルツ ブースターパック マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 BOX
ヴァイスシュヴァルツ ブースターパック マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 BOX

さよならごはん紀行

「サクラクエスト」のコミカライズ版の作者様の読み切りゲスト。某ディスガイアの魔王みたいな死に方をした妹、しかし姉の目には普通に幽霊としてくっきりと姿が映り、その妹は普通に色々としゃべる。
しかしさすがに幽霊なので飲み食べはできない。生前やり残したことである京都のある店のラーメンを姉が食べるところを見たいというのだが、そんな二人が過ごした最後の一日。姉と妹の願いは叶うのか。

サクラクエスト (5) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
サクラクエスト (5) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

あんハピ♪

2013年2月号きららフォワードから6年近く連載を続けた本作。話をまとめに来ているのは感づいていたが、まさか来月「Lucky.69」で完結するとは思わなかった。話数的に77でなく69で締めてしまうのは本作らしいというかそれとも。きららファンタジア正式参戦と被ってしまったのが少し切ない。

結局年末家族が帰ってこなかった雲雀丘瑠璃。雪の降る道で一人泣いていたところに現れたはなこ。ヒバリが落とした髪飾りを拾ってきたというのだが(飾りの形が団子にしか見えませんでしたすみません)、雪道を歩いていたヒバリは元より厳寒の川に落ちたはなこも風邪を引くことに。よくそれで済んだな
ヒバリから事情を聞いたはなこはこっちから会いに行こうよと提案する。とはいえヒバリの家族が住むのはドイツということで、みんなでバイトして金を貯めようということに。そしてその様子を物陰からうかがっていた響と蓮がいきなりヒバリの前に表れて──

あんハピ♪ (9) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
あんハピ♪ (9) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

スローループ

正規連載第2回(話的には第3話)。高校の入学式、別々のクラスになった小春とひより。ひよりはフライフィッシング専門の店に小春を紹介する。ひよりの幼馴染である吉永恋の親が経営する店であり、恋はフィッシング用具を色々と丁寧に説明はしたものの、釣りキチな父親に対しては含むところがあるようで──

その後、ひよりは小春を海岸にそびえ立つ灯台に連れていく。少しずつ湧き上がる想い出を懐かしみながら、今度の日曜日釣りに行こうと誘う。二人の絆はいっそう深まるのだった。

ななつ神オンリー! (1) (まんがタイムKRコミックス)
ななつ神オンリー! (1) (まんがタイムKRコミックス)

なでしこドレミソラ

良い最終回でしたなんて前月号の感想で書いていたら本当に今月最終回に( ゚д゚)。悲しみよりまず驚いた。
単行本4巻、5巻が2018年11月12日に発売されるのだが、このタイミングで最終回になってしまったことに作者様が事情をTwitterで説明している。アンケートの評価は良かったらしい。一言でいうと、「もっと買い支えていれば」というのと、「時運に恵まれていれば」という2点と思う。

──最後の最後になって和解した美弥と里帆。そして文化祭の壇上に予告なしで上がる淡路雪菜。彼女が披露した津軽三味線の独奏「美雪」はいったいどんな曲なのか。

本作はまんがタイムきらら展に出展される。有終の美で締めくくれたのはせめてもの慰めかもしれない。今まで美しい話をありがとうございました。

なでしこドレミソラ (4) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
なでしこドレミソラ (4) (まんがタイムKR フォワードコミックス)なでしこドレミソラ (5) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
なでしこドレミソラ (5) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

球詠

来月号きららフォワードの表紙。本作品にとって初めての表紙なのでこれは多分(前月ちょっといっぱい!のアニメ化予想外したけど。そういえば八月のシンデレラナインのアニメ化発表されましたね)

なんとか4回のピンチを抑えるも、5回表にチャンスを作りながら0点に終わった新越谷。裏の守備、詠深の投球はどのようなキレを見せるのか。

球詠(4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
球詠(4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ライター×ライター

2018年12月12日、おなクラの幽霊さん単行本1巻と合わせて単行本2巻発売予定。
色々と仕事を引き受けていたことを今更になって気づき、ユキカにヘルプを求めるカエデ。どうせなら巻き添えにする仲間を探せということであの時の児玉サリ先生に泣きつくカエデだった。
しかし今回最大の泣けるシーンはカエデの黒歴史鑑賞会であろう。(´;ω;`)ウッ…


おなクラの幽霊さん 1 (まんがタイムKRコミックス)
おなクラの幽霊さん 1 (まんがタイムKRコミックス)ライター×ライター 2 (まんがタイムKRコミックス)
ライター×ライター 2 (まんがタイムKRコミックス)

巴マミの平凡な日常

掲載順位が10→13→14番目に。メシの写真を見ているマミさんのところにいきなりやってくるキュゥべえ。「手っ取り早く魔法少女を増やすにはどうしたらいいか」を相談しに来たのはいいが、キュゥべえの考えた策とは自分をマスコットにしてターゲットに売りにかかるというもの。この時点で画餅に終わる気しかしないのだが、予想に反して1ヶ月して見事に世間はキュゥべえブームに。さらなる知名度アップのため色々と策を繰り出すキュゥべえ、何となく自分もキュゥべえグッズを買っているマミ。
自分でなくグッズのほうに夢中なマミを見たキュゥべえは非道な手段に訴えるが、自分のブームと魔法少女の増加とは全く無関係であることには気づいていなかった。

巴マミの平凡な日常 1-5巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)
巴マミの平凡な日常 1-5巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)

出勤!ログインボーナス

ゲスト連載。ソシャゲ趣味な会社員3年目の椿鹿乃は家と会社を往復するだけの生活に飽き足らず、実生活での「ログインボーナス」を実感するため非常に金のかかるオプションを付けて通勤時間のひとときを堪能する。これというのも、行きつけの居酒屋で女主人に焚き付けられてしまったためなのだが……
そしてその一瞬の贅沢を後輩にしっかり見られてしまっていた。

NEW GAME! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

その他

去る作品もあれば新たに来る作品もある。来月号きららフォワードは新連載として、「となりの柏木さん after days」「ひまりのまわり」が登場。前者は単行本全12巻のロングラン作品の続編(ただ短期連載の予定らしい)、後者はミラクで「おりがみメモリアル」「モノクロお姉ちゃんの取扱説明書」、フォワードで「かな子スマイル」「幼なじみがちょっと変」「れもんとミカンと柚子。」をゲスト連載されていた作者様のきらら系初の定期連載。





また、きらら本誌で連載されていた「棺担ぎのクロ。~懐中旅話~」の番外編が2号連続で登場。舞台をフォワードに移して果たしてどのようなお話を読ませてくれるのか期待です。

こじらせ BOY meets GIRL! (3) (まんがタイムKR フォワードコミックス)
こじらせ BOY meets GIRL! (3) (まんがタイムKR フォワードコミックス)GA 芸術科アートデザインワークス コア・カリキュラム (まんがタイムKRコミックス)
GA 芸術科アートデザインワークス コア・カリキュラム (まんがタイムKRコミックス)

この記事へのコメント