まんがタイムきららキャラット 2019年1月号感想(前編)



とても良い記事ですのでぜひお読みください。「2巻乙」へのフラグを立てまくり、そしてそれらをへし折ることに成功した作品。うらら迷路帖、monoなどと並ぶミラクからの貴重な生き残りでもありこれからも末永く連載が続いて欲しい。
ところで記事中に「編集者不要論」について言及されているが(鴻巣先生は編集が必要と仰っておりますが)、それってコミックギアへの皮肉ゲフンゲフン
しかしまんがタイムきらら展の図録で黒歴史にせずちゃんとコミックギアを語るヒロユキ先生流石と思った。

まんがタイムきららキャラット 2019年 01 月号 [雑誌]
まんがタイムきららキャラット 2019年 01 月号 [雑誌]

アニマエール!

アニメも8話にしてようやく牛久花和が正式にチア同好会に仲間入りし、本番を迎えたアニマエール!。ああもちろん今月も花和(と宇希)のクソレズっぷりが全方面に炸裂しています。
しかし意外だったのが花和の過去話。彼女は三村かな子を思わせるデブネキもとい肥満児であったが、医者から体を動かすよう進められてチアの道に入った。そこで有馬ひづめを見たことが彼女がチアに本格的に入れ込んだきっかけだったのだが──

最後になりましたが今月のストーリーは前回の文化祭の商品としてスーパー銭湯に行くことになったチア部(花和が加入した時同好会から部になっている)、そこでのエピソード。

アニマエール!  Vol.1 [Blu-ray]
アニマエール! Vol.1 [Blu-ray]アニマエール! 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
アニマエール! 3巻 (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME!

前月に続く2話立て。先に紹介したまんがタイムきらら展の図録に得能正太郎先生のインタビューが掲載されています。
1話目は同居生活を送るツバメと紅葉。しかしツバメは親から(多額の仕送りと引き換えに)一人暮らしを提言される。確かに家事のほとんどはツバメが行っており、紅葉にも独り立ちしてもらいたい意味もあって彼女は紅葉に対し別々で暮らすことを切り出す。
青葉に相談する紅葉はツバメの意図を汲み取るが、いざ離れようとするとやはり寂しさが先行してしまう。まだまだ彼女達も若いという証拠なのである(羨ましいと思ってしまった自分orz)。

2話目はドッジボールのゲーム作りの進捗が進む社内。アートディレクターとしてみんなをまとめ引っ張る必要がある飯島ゆんは、「スカルチーム」のキャラモデルを誰に任すべきか悩んでいた。食事中に通り掛かる阿波根うみこに色々とアドバイスを伺い、そのモデリングを青葉に任せることに。

最終的に青葉はゆんの気に入るデザインを作り上げることができたが、さり気なくアハゴンが語る八神コウや遠山りんの裏話が重い。

NEW GAME!画集 FAIRIES STORY (まんがタイムKRコミックス)
NEW GAME!画集 FAIRIES STORY (まんがタイムKRコミックス)

まちカドまぞく

先のねとらぼのインタビューに載っていた、鴻巣先生が注目している作品がこのまちカドまぞく。

何ていうか完璧だなと思います。背景がびっしり描き込まれていて、キャラが可愛くて、話の構成がうまくて、毎回笑えて、それでいて1冊ごとにちゃんとまとまっている。

4コマ漫画といえど、すべてが完璧なわけがない。背景もキャラも構成もどこか足りない作品のほうが正直多い。これらを全て長所として兼ね備えられる作品は本当に凄いと思うのは同意。本作もそのひとつといえると思う。
というわけで7日間での現世での受肉を途中で放棄しそうになるご先祖様。シャミ子の勧めでおくおくたま(というか奥多摩)でキャンプをすることになる。しかし当のシャミ子にキャンプの知識が全く無いことが発覚。うーんこの。
なんだかんだで料理も酒も堪能しリバースまでしたご先祖様。お前はこないだの涼風青葉かしかしある些細なことがきっかけでシャミ子は気を失い、意識を多摩川の主である蛟のもとに攫われる。果たしてシャミ子の運命やいかに。

まちカドまぞく (4) (まんがタイムKRコミックス)
まちカドまぞく (4) (まんがタイムKRコミックス)

mono

amazonのmono単行本1巻の書評を見てみると、☆2つから5つまで見事に評価がバラバラな作品も珍しい。なおゆるキャン△は総じてほとんど評価が高い。でも、本作にはそれが相応しいのかも。もちろん個人的には好きな作品です。
前回登場した、秋山先生とは正反対の売れっ子漫画家クロクマ先生こと玄熊虎代。秋山先生の部屋に現れた謎の霊について色々と述べるが、その霊が夜叉神トンネル(山梨県南アルプス市)から来たものだとクロクマ先生は言う。その地に霊を返せと言うことで、秋山先生はクロクマ先生とその地へ訪れることに。しかしその帰り道……

【悲報】来月号休載。まあゆるキャン△など色々忙しいから致し方ない。

mono (1) (まんがタイムKRコミックス)
mono (1) (まんがタイムKRコミックス)

キルミーベイベー

フォワードレーベルを除くと、まんがタイムkrコミックスで単行本10巻の大台に到達という偉業を達成したのはキルミーベイベーが三者三葉に次ぐ2作目。なお3作目は来年1月25日に10巻が発売されるゆゆ式。そういや今日からゆゆ式10周年展か……

センターカラーの今月号、いきなりソーニャを病院に誘うやすな。「残念ながらもう手遅れだな」
しかしそんな二人の横を通ったと思ったらいきなりソーニャをはねた伝説の黄色い救急車。看護婦コスのあぎりが病院の職業体験型テーマパークに二人をいざなうのだが(この時点で嫌な予感しかしねえ)。
やすなが医者となってソーニャを診るのだが……だんだん治療方法が時代と逆行していくのが非常に恐い。

キルミーベイベー (10) (まんがタイムKRコミックス)
キルミーベイベー (10) (まんがタイムKRコミックス)

オマケ:カガクチョップ


単行本5巻絶賛発売中のカガクチョップ。キャラットの末尾にも本作が宣伝されています。
今回公開の番外編はオムニバス形式の4コマ。無駄に凄い発明の結末やいかに。

カガクチョップ(5) (メテオCOMICS)
カガクチョップ(5) (メテオCOMICS)

精霊さまの難儀な日常

あんハピ♪は完結したが、本作は2018年12月26日に単行本1巻が出るなど大好評連載中。そして今月も10ページ。
ともりに頼まれたさむてんもとい寒天などスイーツの材料を買いに行く炎の精霊サラ。途中で溺れている女の子を見つけるが……
あんハピ♪のはなこと違い不運というよりどこか抜けているその女の子はともりやサラ達と同じ学校の制服を着ていた。そんな彼女──黒羽彩葉(くろばね いろは)、ともりの従姉妹にあたる女の子がともりの家を訪れて早速の再会をしてしまうサラであった。

そしてルカやすみのも交えてみんなでともりが作ったスイーツを堪能するわけだが、どうもこの彩葉はサラやルカの正体だけでなくその秘密も知っているようで……その彩葉と一緒に住んでいると思われる新たなキャラが次回センターカラーで登場の予感。

精霊さまの難儀な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス)
精霊さまの難儀な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス)あんハピ♪ 10 (まんがタイムKRコミックス)
あんハピ♪ 10 (まんがタイムKRコミックス)

先パイがお呼びです!

本作も2018年12月26日に単行本1巻が出るなど大好評連載中。
テストが終わり気が抜ける相馬よりこ(マヨちゃん)。体育祭の時撮ってもらった生徒会長の写真をクラスメイトにもらうも、どこか気分は悶々としている。そこに突然現れた生徒会長。
マヨちゃんもそんな生徒会長への想いがなかなか伝えられず、しかしいっときの会話を楽しんだが、なぜ生徒会長がネギを持っていたかが謎のままだった。作者様先月号のはるみねーしょんでも読んだのかな。

先パイがお呼びです!  (1) (まんがタイムKRコミックス)
先パイがお呼びです! (1) (まんがタイムKRコミックス)ふりだしにおちる!(1) (電撃コミックスNEXT)
ふりだしにおちる!(1) (電撃コミックスNEXT)

Aチャンネル


クリスマスバージョンのユー子とるんは去年のイベント引けず仕舞だったので、今年は引けますように。
もうすぐクリスマス、色気より食い気のるん(あれもうそんな時期だっけ)。もちろんトオルはそんな彼女を熟知しているが、ナギやユー子はというと……なお今月号5ページしかないが、最後にユタカとミホが出てきたからいいや(をい

Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)
Aチャンネル (9) (まんがタイムKRコミックス)

RPG不動産

センターカラーの本作。この作品の感想は可愛い、尊い、ラキラは俺の嫁ということを強く推したい。あと今月10ページは嬉しい。
というわけで海に行く琴音たち。みなさん水着姿が可愛いが、琴音の目的は海にある良い物件へ行くこと。その海底に沈む物件を亀ならぬカニに案内されて、琴音たちが見たもの、その物件にまつわる悲恋のエピソードとは。いいお話なのですがラキラがカニを食いたそうに見つめる表情のほうが頭で一杯で。
琴音に双子の妹達がいるの初めて知った(唐突)。
DSC_0017.JPG
きららMAXにこんな作品があるなあ

彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと (1) (まんがタイムKRコミックス)
彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと (1) (まんがタイムKRコミックス)海咲ライラック 4 完結 (バンブーコミックス)
海咲ライラック 4 完結 (バンブーコミックス)

ブレンド・S

ドッグフードを店長の飼い犬のために買っていった苺香。しかし当の店長は(深夜アニメ観ていたのだろう)なかなか目覚めず、そうこうするうちに二人は際どいシーンにまで発展しそうになる。
恐る恐る部屋にやってきた真意を問う店長に苺香が答えたのは。そして二人の関係やいかに。

ブレンド・S 5 (まんがタイムKRコミックス)
ブレンド・S 5 (まんがタイムKRコミックス)
単行本5巻が2018年1月25日に発売予定です。順番から行くと、次の表紙はひでりきゅんか。

すわっぷ⇔すわっぷ

前回体が入れ替わってしまった春子と友世。一緒に行く修学旅行の京都見学もどこかぎこちない。そんな春子に近づいた夏子だったが、二人の体が入れ替わったきっかけと解決策をさりげなく言うのであった。ただ、もとに戻った後再度キスをしても春子と友世は入れ替わらない。友世がそこで気づいたこととは。

[まとめ買い] すわっぷ⇔すわっぷ
[まとめ買い] すわっぷ⇔すわっぷ

おか研

今月号キャラットはひだまりスケッチが3ヶ月連続休載、ゆず35歳@中学生やってますが予定休載。そのかわりゲストが3作ある。
女の子が3人集まればガールズトークでなくゆゆ式やはるみねーしょんみたいな哲学的空間が生まれることもあるのがきらら漫画の特徴。しかしこの空間の中に不思議なセンスが随所に挟まり、ちょっと異質なしかしぬくもりのある環境が作り上げられている。少なくとも谷崎潤一郎の陰翳礼讃や無用の用を語るきらら漫画ははるみねーしょんくらいしか思いつかないが、それらが衒学的に見えずに作風を心地よく彩る。

少なくともきららキャラットの陰翳たらん存在として、逆に輝きを出しているのが今月号の「おか研」である。ぜひ読んでください。

陰翳礼讃 (中公文庫)
陰翳礼讃 (中公文庫)

この記事へのコメント